古田新太さんは声優としても活躍!声優としての参加作品は?ガミガミ魔王?バカボン?

俳優として大活躍する古田新太さんですが、実は声優としても活動しているのだそうです。古田新太さんはどのようなアニメに出演していたのでしょうか?古田新太さんの声優参加作品について紹介します!

古田新太さんのプロフィール

・愛称:???
・本名:古田 岳史(ふるたたけふみ)
・生年月日:1965年12月3日
・年齢:56歳(2021年12月調査時点)
・出身地:兵庫県神戸市西区
・血液型:O型
・身長:173cm
・体重:非公表
・活動内容:俳優、声優、DJ
・所属グループ:劇団☆新感線
・事務所:リコモーション
・家族構成:妻(西端弥生)、娘

古田新太さんの経歴

古田新太さんは「役者になれば色んな人間になることができる」と考え俳優を目指すようになりました。高校生時代には演劇部で活動し、大学は大阪芸術大学の芸術学部舞台芸術学科ミュージカルコースに進学します(但し、大学4年次に学費未納入で除籍)。

大学生時代に先輩の渡辺いっけいさんに誘われ、劇団☆新感線の作品に参加。1度きりのつもりが、いつの間にか劇団員にされていたそうです。

劇団☆新感線の若手人気俳優になった古田新太さんは、テレビのバラエティ番組にも出演。また、テレビドラマ「木更津キャッツアイ」や「逃げるは恥だが役に立つ」、「あまちゃん」、さらに映画「信長協奏曲」などにも出演しました。

古田新太さんは声優としても活躍!

古田新太さんというと俳優というイメージが強い人も多いでしょう。実は古田新太さんは声優としても活躍しており、主演作品もあるのだとか。

俳優が声優の仕事をするということはよくあることのようですが、古田新太さんはさりげなく重要なキャラを演じており、声優名を見て驚く人が多いようです。

古田新太さんの声優参加作品一覧

古田新太さんの声優としての参加作品を一覧で見ていきましょう。古田新太さんは声優としてどのような作品に出演していたのでしょうか?

古田新太さんの声優参加作品①ポポロクロイス物語

古田新太さんは人気ゲーム「ポポロクロイス物語」のアニメ版でガミガミ魔王を演じていたようです。ガミガミ魔王は主人公のピエトロの竜の力を奪い、国を乗っ取ってしまうという悪役でした。

原作のゲームでは憎めないキャラでしたが、アニメ版では多少シリアス展開が多いため、本格的な悪役になっているようです。主人公のピエトロが成長するために必要な悪役と言えるでしょう。

ガミガミ魔王のテーマも歌っていた

ガミガミ魔王はアニメの中で「ガミガミのテーマ」という歌を披露するシーンがあります。この「ガミガミのテーマ」も古田新太さんが歌唱していたそうです。

古田新太さんの声優参加作品②ONE PIECE FILM GOLD

2016年に公開された劇場アニメ「ONE PIECE FILM GOLD」にも古田新太さんは出演していました。古田新太さんが演じたのはケント・ビーフJr.役とポーク役の二役を演じていたようです。

ケント・ビーフJr.はカジノのアトラクション・カメ車レースの参加者、ポークはケント・ビーフJr.の相棒である牛だそうです。

古田新太さんの声優参加作品③劇場版ポケットモンスター キミにきめた!

古田新太さんは2017年に公開された劇場アニメ「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」にも出演していました。古田新太さんはこの作品の重要人物の一人であるボンジイを演じています。

ボンジイは。ホウオウを追い求めている研究者で、「ホウオウこそ我が人生」という本の著者だそうです。

古田新太さんの声優参加作品④深夜!天才バカボン

古田新太さんが声優として主演した作品が「深夜!天才バカボン」です。古田新太さんはこのアニメで主人公のバカボンのパパ役を演じていました。

「深夜!天才バカボン」には入野自由さんや日高のり子さん、森川智之さんなどの人気声優が参加しており、その中に古田新太さんがいたことに驚いた人も多かったようです。

古田新太さんが演じたバカボンのパパ役に対しては「あまりにも自然すぎて驚いた」、「古田さん上手い」などの声が上がっていたようです。

古田新太さんの声優参加作品⑤ドラゴンクエスト ユア・ストーリー

古田新太さんは2019年に公開された劇場アニメ「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」にも出演していました。古田新太さんがこのアニメで演じたのは物語の重要な役でもあるブオーンです。ブオーンは3つの目を持った巨大なモンスターという設定の役でした。

古田新太さんはさまざまなアニメにも出演していた!

古田新太さんの声優としての参加作品について紹介してきました。古田新太さんは「深夜!天才バカボン」では主演するなど、その作品で重要な役を演じることが多かったようです。古田新太さんの今後の声優としての活動にも注目していきましょう!

■古田新太さんの他の記事はこちら