大谷亮平さんはハーフ?出身地や生い立ちは?実家は旅館?大谷亮平さんのハーフ説まとめ!

イケメン俳優として人気を集める大谷亮平さんにはハーフではないかという噂があるようです。大谷亮平さんはハーフなのでしょうか?また、出身地や生い立ちは判明しているのでしょうか?大谷亮平さんの実家が旅館だという噂についても調査してみました。

大谷亮平さんのプロフィール

・愛称:???
・本名:大谷亮平(おおたにりょうへい)
・生年月日:1980年10月1日
・年齢:40歳(2021年6月調査時点)
・出身地:大阪府吹田市
・血液型:O型
・身長:180cm
・体重:非公表
・活動内容:俳優、モデル
・事務所:アミューズ
・家族構成:父、母、姉、妹

大谷亮平さんの経歴

大谷亮平さんは大学卒業後にモデルとして芸能活動を始め、その後ほどなく韓国のドーナツのCMに出演。このCMで韓国で人気を集めた大谷亮平さんは、韓国の事務所に所属し、韓国を拠点に活動を始めます。当初は韓国語が話せなかったそうですが、大学に通い、話せるようになったのだとか。

また、大谷亮平さんは小学生から大学生までバレーボールをしており、国体への出場経験もあるそうです。韓国で芸能活動しているときにも、韓国の社会人チームに所属していたとのこと。

大谷亮平さんが日本で芸能活動を始めたのは2016年のことでした。アミューズと専属契約を結び、日本のテレビドラマにもデビュー。この年に「逃げるは恥だが役に立つ」で風見涼太役として出演し、ブレイクを果たしました。

その後の大谷亮平さんは、2018年にNHKの朝ドラ「まんぷく」、2021年には大河ドラマ「青天を衝け」に出演するなど、日本でも実力派俳優として活躍の場を広げています。

大谷亮平さんはハーフ?

大谷亮平さんには日本人ではなくハーフなのではないかという噂があるようです。大谷亮平さんにハーフ説が流れたのは、濃い顔立ちをしているという理由もあるとのこと。また、韓国で活躍していたため、日本人と韓国人のハーフなのではないかという説もアルようでした。大谷亮平さんはハーフなのでしょうか?

大谷亮平さんはハーフではなく日本人

大谷亮平さんがハーフなのかどうかについて調べてみたところ、ハーフではなく純粋な日本人であることが分かりました。大谷亮平さんはその顔立ちから、イタリア系の血が混じっているのではないかという説もありましたが、ご両親や祖父母も含めて日本人ということのようです。

大谷亮平さんの出身地は?

大谷亮平さんの出身地についても見ていきましょう。大谷亮平さんの出身地は、大阪府吹田市とのこと。大阪府吹田市は、大阪府の北摂三島地域に位置する市で、中核都市に指定されています。

大谷亮平さんの出身地である大阪府吹田市は、千里ニュータウンや大阪万博公園などがある地域として知られているとのこと。工場が多い地域としても知られており、アサヒビールや山﨑製パンなどの工場があるようです。

大谷亮平さんの生い立ち

大谷亮平さんの生い立ちについても見ていきましょう。大谷亮平さんの生い立ちは、大阪府吹田市に長男として生まれたところから始まりました。大谷亮平さんには、2歳年上の姉と6歳年下の妹がいるとのこと。家族仲はとても良かったそうです。

大谷亮平さんは小学生の時からバレーボールを始め、中学生の時には大阪府の大会で優勝した経験もあるのだとか。大谷亮平さんは中学生時代、エースアタッカーだったそうです。高校はバレーボール推薦で清風高校に進学。

高校時代もバレーボール部で活躍しましたが、身長が180cmとバレーボール選手としては低めだったため、アタッカーからセッターに転向したそうです。高校卒業後の大谷亮平さんは、バレーボール推薦で東京の大学に進学。

ただ、大学生時代にはプロになることを諦めており、途中で中退した可能性もあるようです。大谷亮平さんばバレーボール選手になることを諦めた後、体育教師を目指そうとしていた時期もあったようでした。

実家が旅館を経営している?

大谷亮平さんの実家が旅館を経営しているという情報がありました。調べてみたところ、大谷亮平さんの祖父母が旅館を経営しているとのこと。これは大阪府吹田市にあるものではなく、高知県高岡郡中土佐町久礼にあるのだそうです。旅館の名前は「大谷旅館」と言います。

大谷亮平さんの祖父母が旅館を経営しているということは、テレビ番組で紹介されていたようでした。大谷亮平さん自身も、お盆やお正月にはこの旅館に足を運ぶのだそうです。

大谷亮平さんはハーフではなく日本人!

大谷亮平さんのハーフ説について紹介してきました。大谷亮平さんはハーフではなく、ご両親や祖父母も日本人とのこと。また、大谷亮平さんの祖父母は、高知県で旅館を営んでいることも分かりました。大谷亮平さんの今後の俳優としての活動にも注目していきましょう!

■大谷亮平さんに関する他の記事はこちら