大河ドラマ「鎌倉殿の13人」菅田将暉さんの源義経が話題!サイコパス?今までの義経と違う?

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で源義経役を演じる菅田将暉さん。菅田将暉さんの義経は、今までとは違うと評判なのだとか。菅田将暉さんの「鎌倉殿の13人」の源義経役について紹介します!

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で源義経役を演じる菅田将暉さん。菅田将暉さんの義経は、今までとは違うと評判なのだとか。菅田将暉さんの「鎌倉殿の13人」の源義経役について紹介します!

スポンサーリンク

菅田将暉さんのプロフィール

・本名:菅生大将(すごうたいしょう)
・生年月日:1993年2月21日
・年齢:28歳(2022年4月調査時点)
・出身地:大阪府箕面市
・血液型:A型
・身長:176cm
・体重:???
・活動内容:俳優、歌手
・事務所:トップコート
・家族構成:妻(小松菜奈)、父(菅生新)、母、長弟、次弟

菅田将暉さんの経歴

菅田将暉さんは高校1年生の時に第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリストに進出。受賞はなりませんでしたが、現在の事務所・トップコートに所属することになりました。

翌年の2009年に放送された「仮面ライダーW」で菅田将暉さんは主人公の1人であるフィリップ役に抜擢。実は「仮面ライダーW」のオーディションへの参加は前日に決まったのだそうです。菅田将暉さんのピュアなイメージがフィリップの役と合致したことで抜擢されました。

その後の菅田将暉さんは映画「共喰い」や「そこのみにて光輝く」などに出演。2015年には「ちゃんぽん食べたか」で主演、さらに「民王」でも遠藤憲一さんとダブル主演をつとめるなど、人気俳優の仲間入りを果たしました。

2018年には映画「あゝ、荒野」などでの演技が評価され、日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞など、数々の主演男優賞を受賞。2021年11月には、かねてより噂されていた女優の小松菜奈さんと結婚したことも話題となりました。

菅田将暉さんが出演する「鎌倉殿の13人」とは

菅田将暉さんが出演する大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は、小栗旬さんが演じる北条義時が主人公の物語です。平安時代の末期から鎌倉幕府が誕生し、その後の権力争いなどを中心に描かれる予定とのこと。脚本は、大河ドラマ「真田丸」などを担当した三谷幸喜さが担当しています。

「鎌倉殿の13人」の13人は、鎌倉殿(源頼朝)の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した御家人をさします。この13人に、北条義時も含まれています。「鎌倉殿の13人」には、小栗旬さんと菅田将暉さんのほか、北条政子役として小池栄子さん、義時の初恋の人・八重役として新垣結衣さんなどが出演しています。

「鎌倉殿の13人」で菅田将暉さんが演じるのは源義経!

「鎌倉殿の13人」で菅田将暉さんが演じるのは、源義経役です。源義経といえば、若くして数々の武勲をあげ、さらに若くして亡くなってしまった悲劇の武将として知られています。さらに源義経は、薄幸の美少年・美青年として描かれることが多く、歴史の登場人物の中でもアイドル的な存在であるといえるでしょう。

源義経は、源頼朝の異母兄弟です。源義経が生まれた頃は平家が全盛を誇っており、源氏は平家によって追われる立場でした。源義経も父・義朝が平治の乱で破れたことで、幼少期に鞍馬寺に預けられて育ちます。将来は僧になることが決められていましたが、源義経はこれを拒否して出奔。奥州平泉の藤原氏を頼って庇護を受けることになりました。

その後の義経は、義理の兄・源頼朝と再会。2人は力を合わせて平家を滅ぼしますが、その後は対立してしまいます。最終的に源義経は、兄の源頼朝の命令によって追い詰められていきます。

大河ドラマでこれまでに源義経を演じた主な俳優

源義経は、大河ドラマでも人気のキャラですので、演じる俳優は常に注目を集めてきました。大河ドラマで源義経を演じた主な俳優を紹介します。

①滝沢秀明(義経:2005年大河ドラマ)

源義経を主人公にした大河ドラマが、2005年に放送された「義経」でした。「義経」で源義経役を演じたのは、滝沢秀明さんです。滝沢秀明さんが演じた源義経は、はかなくも美しい義経で、多くの女性ファンがその最期に涙しました。

②神木隆之介(平清盛:2012年大河ドラマ)

2012年に放送された大河ドラマ「平清盛」にも源義経が登場します。「平清盛」で源義経役を演じていたのが、神木隆之介さんです。実は神木隆之介さんは、2005年の「義経」にも、源義経の幼少期の牛若役として出演していました。

③野村宏伸(炎立つ:1993年大河ドラマ)

1993年に放送された大河ドラマ「炎立つ」にも源義経が登場していました。「炎立つ」で源義経を演じていたのは野村宏伸さんです。野村宏伸さんが演じた義経は、菅田将暉さんが演じる義経に雰囲気が似てるという声もあります。

菅田将暉さんの源義経役の評判は?

菅田将暉さんの源義経役について、ネット上の意見を調べてみました。Twitterでは、以下のようなコメントがありました。

Twitterでは、菅田将暉さんが「鎌倉殿の13人」で演じる源義経役について、演技を高評価する意見が多かったです。若手俳優の中でも演技力の高い希有な俳優という評価もありました。

菅田将暉さんの義兄である源頼朝を演じるのは大泉洋さんです。大泉洋さんも演技派の俳優として注目を集めており、2人が画面に一緒に映るシーンは、Twitterでも話題になっていました。特に菅田将暉さんの細かい感情表現の演技の評価が高かったようです。

源義経は、最終的に兄の源頼朝に追い詰められて亡くなります。感動の再会を果たした兄弟が、なぜ対立することになったのかについては、さまざまな解釈がされてきました。「鎌倉殿の13人」では、源義経の性格的な問題がクローズアップされており、将来の運命を納得する人も多いようです。

菅田将暉さんが演じる義経は、「サイコパス」、「怖い」という意見も多いです。「とにかく怖い」と感じている人もいるほど、菅田将暉さんの演技が話題になっています。

菅田将暉さんの「鎌倉殿の13人」の源義経役は高評価!

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、菅田将暉さんが演じる源義経役について紹介してきました。菅田将暉さんが演じる源義経は、高い演技力が評価されています。中には「サイコパスで怖い」という意見もあるほど。今後の「鎌倉殿の13人」の菅田将暉さんの義経役にも注目していきましょう!

■菅田将暉さんの他の記事はこちら