磯村勇斗さんの「珈琲いかがでしょう」ぺい役が話題!ぺいはどんな役?

磯村勇斗さんの「珈琲いかがでしょう」ぺい役が話題となっているようです。ぺいはどのような役なのでしょうか?磯村勇斗さんの「珈琲いかがでしょう」のぺい役についてまとめました。

磯村勇斗さんの「珈琲いかがでしょう」ぺい役が話題となっているようです。ぺいはどのような役なのでしょうか?磯村勇斗さんの「珈琲いかがでしょう」のぺい役についてまとめました。

スポンサーリンク

磯村勇斗さんのプロフィール

・愛称:いっそん
・本名:磯村勇斗(いそむらはやと)
・生年月日:1992年9月11日
・年齢:29歳(2021年12月現在)
・出身地: 静岡県沼津市
・血液型:A型
・身長:176cm
・体重:非公表
・活動内容:俳優
・所属グループ:なし
・事務所:BLUE LABEL

磯村勇斗さんの経歴

磯村勇斗さんは中学生時代に映画を自主制作しており、これがきっかけで俳優になろうと考えたのだそうです。高校生時代には劇団に入り、本格的に俳優を目指そうとしたそうですが、両親の反対に遭って高校卒業後は大学進学という道を選びました。

ただ、大学は結局2年で中退。その後の磯村勇斗さんは小さな劇団を転々としていたそうです。この頃に現在所属する事務所との縁ができ、芸能界デビューしました。

2015年には「仮面ライダーゴースト」で仮面ライダーネクロムに変身するアランを演じたことで磯村勇斗さんは俳優としてブレイクを果たします。

磯村勇斗さんは2017年にはNHKの朝ドラ「ひよっこ」に出演。2021年7月から9月に放送されたWOWOWドラマ「演じ屋」ではトモキ役として主演しました。

磯村勇斗さんが出演する「珈琲いかがでしょう」とは?

磯村勇斗さんが出演して話題になっている「珈琲いかがでしょう」というのは、コナリミサトさんの漫画が原作の作品で、2021年4月に実写ドラマ化されました。主演は中村倫也さんがつとめています。

「珈琲いかがでしょう」は過去にワケありのタコのマークの移動珈琲屋「タコ珈琲」の店主を巡る物語が展開されます。中村倫也さんの他、夏帆さん、光石研さんなどが出演していました。

磯村勇斗さんが演じるぺいはどんな役?

磯村勇斗さんが演じた杉三平ことぺいは、「珈琲いかがでしょう」の物語にとって重要な立ち位置のキャラです。ぺいは中村倫也さんが演じる青山と過去に因縁の関係があります。ぺいは青山を探し続け、ようやく見つけました。そこで初めて、青山の過去が明らかになります。

磯村勇斗さんはぺいを演じるとき、メイクでそばかすを追加しています。これはよりペイらしさ(汚れ感など)を演出するために追加されたものなのだとか。

磯村勇斗さん自身もメイクをすることでぺいを演じるというスイッチが入るそうです。ぺいは金髪ですが、カツラではなく磯村勇斗さんの地毛を染めたようでした。

磯村勇斗さんと中村倫也さんとは2度目の共演

磯村勇斗さんと中村倫也さんは「珈琲いかがでしょう」が2度目の共演なのだそうです。1度目の共演は、磯村勇斗さんが相良猛役として出演していた「今日から俺は」だったそうです。

「今日から俺は」で中村倫也さんは第5話に紅野(白原富夫)役として出演していましたが、共演シーンはごく僅かだったとのこと。磯村勇斗さんはがっつりと共演する「珈琲いかがでしょう」での中村倫也さんの印象について「とても優しい方」とコメントしていました。

磯村勇斗さんのぺい役に対するネットの声は?

磯村勇斗さんの「珈琲いかがでしょう」ぺい役に対するネットの声についても見ていきましょう。ネット上では磯村勇斗さんのぺい役にどのような声があるのでしょうか?

「珈琲いかがでしょう」はすでにドラマの放送が終了していますが、続編を望む声がネット上には数多くあるようです。

「珈琲いかがでしょう」のぺいはとても難しい役だったこともあり、磯村勇斗さんの演技力を称賛する声も多くありました。

ぺいは見た目はチンピラですが、過去の話などはかなり切ないものがあります。磯村勇斗さんはこうしたぺいの人間らしさを巧みに演じていたようでした。

磯村勇斗さんの「珈琲いかがでしょう」ぺい役は高評価!

磯村勇斗さんの「珈琲いかがでしょう」ぺい役について紹介してきました。磯村勇斗さんが演じるぺいは、原作ファンにも好評かだったようです。「珈琲いかがでしょう」は放送を終了していますが、続編を望む声も多いとのこと。続編にも期待しましょう!

■磯村勇斗さんの他の記事はこちら