三浦涼介さんはるろ剣に出演?るろ剣で三浦涼介さんが演じた役は?二刀流?

三浦涼介さんは人気作品・るろ剣に出演していたようです。三浦涼介さんはるろ剣でどの役を演じていたのでしょうか?三浦涼介さんがるろ剣で二刀流という噂についても調査しました。

三浦涼介さんは人気作品・るろ剣に出演していたようです。三浦涼介さんはるろ剣でどの役を演じていたのでしょうか?また、三浦涼介さんがるろ剣で二刀流という噂についても調査しました。

スポンサーリンク

三浦涼介さんのプロフィール

・愛称:りょんりょん
・本名:三浦涼介(みうらりょうすけ)
・生年月日:1987年2月16日
・年齢:34歳(2021年12月調査時点)
・出身地:東京都
・血液型:B型
・身長:181センチ
・体重:非公表
・活動内容:俳優、歌手
・所属グループ:元PureBoys
・事務所:ジュデコン
・家族構成:父(三浦浩一)、母(純アリス)、兄(三浦孝太)

三浦涼介さんの経歴

三浦涼介さんは小学校6年生の時に、当時の憧れの人であった安室奈美恵さんの所属事務所のオーディションを受けて合格。芸能活動をスタートさせました。

三浦涼介さんの俳優としてのデビューは2002年に公開された映画「おぎゃあ。」です。2005年には「超星艦隊セイザーX」にケイン / ビートルセイザー役として出演。2010年には「仮面ライダーオーズ」にアンク役として出演しました。

2009年には若手俳優ユニット・PureBoysのメンバーとなり、音楽活動もスタートさせました。2012年7月には「夏だよHONEY!!」で歌手としてソロデビューもしています。

その後の三浦涼介さんは映画「るろうに剣心」シリーズにも出演。また、ミュージカルなど舞台作品にも多数出演しています。

三浦涼介さんは映画「るろうに剣心」に出演していた?

三浦涼介さんがるろ剣に出演していたという情報を調べてみると、2014年に公開された映画「るろうに剣心 京都大火編」、2021年に公開された映画「るろうに剣心 最終章 The Final」に出演していたことが分かりました。

三浦涼介さんが出演した映画「るろうに剣心」シリーズは、佐藤健さんが主演している作品で、2012年に「るろうに剣心」、2014年に「るろうに剣心 京都大火編」と「るろうに剣心 伝説の最期編」、2021年に「るろうに剣心 最終章 The Final」が公開されています。

映画「るろうに剣心シリーズ」は和月伸宏さんの漫画「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」を原作とした物語が繰り広げられています。

三浦涼介さんは沢下条張役として出演!

るろ剣で三浦涼介さんが演じたのは沢下条張役(さわげじょう ちょう)でした。沢下条張は主人公の剣心を敵視して付け狙う志々雄真実が率いる特攻部隊「十本刀」の1人で「刀狩の張」と呼ばれています。

沢下条張は映画「るろうに剣心 京都大火編」では志々雄真実から刺客として剣心の元に送り込まれますが、その後、志々雄真実を裏切ります。そのため、「るろうに剣心 最終章 The Final」では警視庁の密偵として剣心のもとに送り込まれます。

沢下条張の性格は殺戮を楽しむのが趣味という設定で、赤ん坊を殺すこともためらわない残忍な人物として描かれています。三浦涼介さんが演じた沢下条張も、原作にほぼ忠実に描かれており、普段の三浦涼介さんとは少し雰囲気のことなる役となったようでした。

三浦涼介さんがるろ剣で二刀流?

三浦涼介さんはるろ剣で二刀流という噂があります。二刀流と言われる理由を調べてみると、三浦涼介さんは2018年に上演された舞台版のるろ剣にも出演していたようでした。

舞台版のるろ剣は、2015年に宝塚歌劇団で上演されたものがベースとなっており、主人公の剣心役は宝塚版と同じ早霧せいなさんが演じていました。

ただ、その他のキャストは一新され、上白石萌歌さんや松岡充さん、加藤憲史郎さんなどが出演していたようです。

舞台版には四乃森蒼紫役として出演!

三浦涼介さんが舞台版のるろ剣で演じていたのは映画版の沢下条張ではなく四乃森蒼紫(しのもりあおし)役でした。四乃森蒼紫は御庭番衆で、新撰組の土方歳三がモデルになっているとのこと。

人斬り抜刀斎と呼ばれた剣心を倒すことに執念を燃やす人物として登場しますが、最終的には剣心に力を貸すようになっていくようです。

「御庭番式小太刀二刀流」を極めた上に拳打や蹴りなどの格闘術「御庭番式拳法」という戦い方もするため、四乃森蒼紫の殺陣のシーンは見応えのあるシーンとして描かれていたようです。

三浦涼介さんのるろ剣出演に対するネットの声は?

三浦涼介さんのるろ剣出演に対するネットの声についても見ていきましょう。三浦涼介さんのるろ剣出演に対してネットではどのような声があったのでしょうか?

三浦涼介さんが映画版のるろ剣で演じた沢下条張は、京都大火篇と最終章とではビジュアルが異なっており、最終章ではさらにダークさが増したと評判だったようです。

舞台版のるろ剣では三浦涼介さんが演じた四乃森蒼紫の殺陣のシーンに注目が集まっていたようです。特に登場シーンは多くの人の印象に残っていたようでした。

映画版のるろ剣で三浦涼介という俳優を知ったという人も多かったようです。三浦涼介さんが演じた沢下条張は、多くの人に強い印象を残したようでした。

三浦涼介さんは映画版と舞台版のるろ剣に出演していた!

三浦涼介さんのるろ剣出演について紹介してきました。三浦涼介さんは映画版と舞台版の二刀流でるろ剣に出演していたようです。それぞれで演じた役に対する評価も高く、三浦涼介さんの今後の俳優としての活動にも注目が集まっています。

■三浦涼介さんに関する他の記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA