大谷翔平さんの歴代登場曲!あの人気アニメの曲も登場曲!?

アメリカメジャーリーグで大活躍中の大谷翔平さんの歴代登場曲について調査しました。大谷翔平さんの歴代登場曲にはどの曲があるのでしょうか?

スポンサーリンク

大谷翔平さんのプロフィール

・愛称:翔平
・本名:大谷翔平(おおたにしょうへい)
・生年月日:1994年7月5日
・年齢:27歳(2021年11月調査時点)
・出身地:岩手県水沢市
・血液型:B型
・身長:193cm
・体重;95.3kg
・活動内容:プロ野球選手
・所属グループ:ロサンゼルス・エンゼルス
・事務所:ホリプロ
・家族構成:父(大谷徹)、母(大谷加代子)、兄(大谷龍太)、姉

大谷翔平さんの経歴

大谷翔平さんは小学校3年生の時に水沢リトルリーグで少年野球を始め、中学校時代には一関リトルシニアに所属。高校は野球の名門・花巻東高校に進学しました。

2013年、大谷翔平さんはドラフト会議で日本ハムファイターズから1位指名されます。ただ、大谷翔平さんはメジャーリーグへの挑戦を語っていましたので、日本ハムファイターズへの入団にはかなり迷いがあったようです。

当時の監督の栗山英樹さんなどの説得もあり、大谷翔平さんは日本ハムファイターズへ入団。入団の条件として二刀流の育成プランも掲げられ、開幕では投手登録のまま打者として一軍入りしたことも話題となりました。

日本のプロ野球選手として2016年には史上初の指名打者と投手の2部門でベストナインをダブル受賞。投手としても球速165kmという日本人最速記録も達成しました。

大谷翔平さんは2017年にロサンゼルス・エンゼルスにポスティング移籍。アメリカメジャーリーグでも二刀流の活躍を見せ、日本人史上4人目の新人王も獲得しました。

2021年9月には「世界で最も影響力のある100人」のアイコン12人の一人としても登場しています。また、日本人史上2人目、アジア人史上でも2人目となるシーズンMVPとシルバースラッガー賞を受賞しました。

大谷翔平さんの歴代登場曲【日本ハムファイターズ篇】

大谷翔平さんの歴代登場曲として、まずは日本ハム時代の歴代登場曲を紹介しましょう。日本ハム時代の大谷翔平さんはどの曲を登場曲として使用していたのでしょうか?

2013年打席時(「ドリームメイカー」TRIPLANE)

大谷翔平さんの2013年の打者としてのテーマ曲はTRIPLANEの「ドリームメイカー」という曲でした。大谷翔平さんがこの曲を選んだのは、TRIPLANEのメンバー全員が北海道出身だからという噂もあるようです。この曲は2012年に発売されたものでしたが、大谷翔平さんがテーマ曲に選んだことで改めて話題になったようです。

2013年登板時(「The Power Of Love」Huey Lewis & The News)

大谷翔平さんの登場曲のHuey Lewis and the News「Power of Love」ですが、2013年の投手として登場時に使用されていた曲のようです。

2013年といえば、大谷翔平さんが日ハムに入団したプロ入り1年目の年です。この曲は1980年代に数々のヒット曲を飛ばしたアメリカのバンド「Huey Lewis and the News」の曲です。アメリカンロックの代表的存在ともいえます。

2014年打席時(「キットカナウ」miwa)

2014年の打者としてのテーマ曲はmiwaの「キットカナウ」でした。miwaさんは登場曲として自身の曲を選んだ大谷翔平さんにブログで感謝のコメントをされたそうです。

この2014年は大谷翔平さんにとっても、打者として大活躍の一年でもありました。ひょっとするとmiwaさんの「キットカナウ」が大谷翔平さんの背中を後押ししてくれたのかもしれません。

2014年登板時(「Party Maker」Perfume)

Perfumeの「Party Maker」は2014年の投手としての登場曲に使われた曲です。この曲はエーザイのチョコラBBのCソングとしても使用されました。

プロ入り2年目の登場曲にPerfumeの曲を選んだことについて、大谷翔平さんはPerfumeのファンなのではと考えた人も多かったようです。しかし、この登場曲はファンが選んでいるとのことで、大谷翔平さんが選んだものではありませんでした。

2015年~2018年登板時(「DAN DAN 心魅かれてく」FIELD OF VIEW)

2015年~2018年に大谷翔平さんが投手として登板するときの登場曲が「DAN DAN 心魅かれてく」でした。この曲はFIELD OF VIEWのヒット曲で、「ドラゴンボールGT」のオープニングテーマとしても知られている曲です。

2015年~2018年登板時(「Do or Die(Remix)」Afrojack)

2015年~2018年までの登板時の登場曲はAfrojack vs. THIRTY SECONDS TO MARSの「Do Or Die」です。

2015年~2018年打席時(「WRAPPED UP FEAT.TRAVIE McCOY」OLLY MURS)

大谷翔平さんの2015年~2018年の打者としての登場曲はOlly Mursの「Wrapped Up」です。この曲は大谷翔平さんが打者として打席に入るときに使用されるものです。

先ほどの投手時の曲を演奏していたのはアメリカ・ロサンゼルス出身のバンドですが、こちらの曲を歌唱しているのはイギリスのシンガーソングライターです。シンガーソングライターだけではなく司会者もされているようです。

大谷翔平さんの歴代登場曲【ロサンゼルス・エンゼルス篇】

大谷翔平さんのロサンゼルス・エンゼルス時代の登場曲についても見ていきましょう。大谷翔平さんはロサンゼルス・エンゼルスに移籍後、どのような登場曲を選んでいるのでしょうか?

2018年~登板時(Afrojack vs. THIRTY SECONDS TO MARS「Do Or Die」)

ロサンゼルス・エンゼルスに移籍後も、登板時の登場曲として大谷翔平さんはAfrojack vs. THIRTY SECONDS TO MARSの「Do Or Die」を使用しています。大谷翔平さんが2018年にエンゼルスに行ってもこの曲を使い続けているのは、日本時代と同じルーティンにするためだと大谷翔平さん自身が語っておられたそうです。

2018年~打席時(Olly Murs「Wrapped Up」)

大谷翔平さんはロサンゼルス・エンゼルスに移籍後も、打席時の登場曲としてOlly Mursの「Wrapped Up」を選んでいます。これも、「Do Or Die」と同じく、日本と同じルーティンにしたいという理由からなのかもしれません。

2018年~得点時(Lil Wayne「Showtime」)

大谷翔平さんの得点時の曲にはLil Wayneの「Showtime」が使用されています。大谷翔平さんのアメリカでの愛称が「Showtime」ということですので、それが理由で使用されているのかもしれません。

2021年~打席時(ALI「LOST IN PARADISE feat. AKLO」)

2021年からの大谷翔平さんの打席時の登場曲は、人気アニメ「呪術廻戦」のエンディングテーマである「LOST IN PARADISE feat. AKLO」を選択しているようです。大谷翔平さんも「呪術廻戦」のファンなのだとか。「(アニメを)毎回楽しみに見ていたので、登場曲も変えてみた」と大谷翔平さんはコメントしています。

ドッキリ企画できゃりーぱみゅぱみゅも?

大谷翔平さんがロサンゼルス・エンゼルスに移籍して初めてのオープン戦時、打席に入った大谷翔平さんにドッキリが仕掛けられたのだそうです。

登場曲として流れたのは、大谷翔平さんが指定した曲とは違うきゃりーぱぴゅぱみゅさんの「ファッションモンスター」だったのだとか。メジャーリーグではこうしたドッキリやお遊び企画がたびたび行われているそうです。

大谷翔平さんの歴代登場曲には意外な曲もあった!

大谷翔平さんの登場曲について紹介してきました。大谷翔平さんは登場曲に邦楽を選ぶことも多いようです。また、現在はアニメ「呪術廻戦」のエンディングテーマを打席時の登場曲に選んでいるのだとか。今後の大谷翔平さんの登場曲にも注目していきましょう!

■大谷翔平さんに関する他の記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA