大谷亮平さんが「青天を衝け」で大河初出演!大谷亮平さんが演じた役は?大谷亮平さんの「青天を衝け」まとめ!

人気俳優・大谷亮平さんが「青天を衝け」で大河ドラマ初出演を果たしました。大谷亮平さんは「青天を衝け」でどのような役を演じていたのでしょうか?また、演技の評判はどうだったのでしょう?大谷亮平さんの「青天を衝け」出演についてまとめました。

スポンサーリンク

大谷亮平さんのプロフィール

・愛称:???
・本名:大谷亮平(おおたにりょうへい)
・生年月日:1980年10月1日
・年齢:40歳(2021年6月調査時点)
・出身地:大阪府吹田市
・血液型:O型
・身長:180cm
・体重:非公表
・活動内容:俳優、モデル
・事務所:アミューズ
・家族構成:父、母、姉、妹

大谷亮平さんの経歴

大谷亮平さんは出身地である大阪の高校を卒業後、バレーボール推薦で東京の大学に進学。これを機に大谷亮平さんは上京しました。大学生時代にはアルバイト先の先輩に勧められ、モデルの仕事を始めます。その後、韓国のドーナツのCMが人気となり、大谷亮平さんは活動の場を韓国に移しました。

大谷亮平さんは韓国の人気ドラマに多数出演。また、韓国ではバラエティ番組に出演したり、歌手として歌を披露することもあったようです。韓国ドラマアワード2014グローバル俳優賞を受賞するなど、その演技力も高い評価を得ていました。

大谷亮平さんは韓国の映画祭でアミューズのスタッフと出会い、アミューズに所属。2016年に放送されたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で風見涼太役を好演し、日本でもブレイクを果たしました。2018年には「まんぷく」でNHKの朝ドラにも初出演。現在は2021年4月スタートのドラマ「恋はDeepに」に出演中です。

大谷亮平さんが出演した「青天を衝け」とは?

大谷亮平さんにとって大河ドラマ初出演となる「青天を衝け」は、2021年2月からスタートしたNHKの大河ドラマ60作目の作品です。この作品の主人公は日本の資本主義の父として知られる渋沢栄一で、吉沢亮さんが演じています。

「青天を衝け」の物語の舞台は江戸時代末期から明治時代初期にかけてで、さまざまな動乱があった時代でもありました。江戸時代の最後の将軍となる徳川慶喜役には草彅剛さん、明治初期に活躍した五代才助役を朝ドラ「あさが来た」で五代友厚役を演じたディーン・フジオカさんが演じるなど、「青天を衝け」はキャスティングも注目を集めています。

大谷亮平さんが「青天を衝け」で演じた役は阿部正弘!

大谷亮平さんが初めて出演した大河ドラマ「青天を衝け」で演じたのは、江戸幕府の老中首座・阿部正弘でした。阿部正弘はの備後国福山藩の第7代藩主でしたが、第12代将軍・徳川家慶に目をかけられ、25歳の時に江戸幕府の老中となります。

阿部正弘は天保改革時代に不正などを行っていた町奉行などを追放し、家慶、家定の2代の将軍の時代に幕政を統括しました。また、幅広い人材登用を行っていたことでも知られ、阿部正弘によって、ジョン万次郎や水野忠徳などが登用されたとのこと。

ペリー来航の際にもさまざまな対応をした阿部正弘でしたが、開国派と攘夷派の融和を図るために老中首座の座を譲ることになります。その後、阿部正弘は勝海舟や大久保忠寛などを登用し、講武所や長崎海軍伝習所、洋学所などを創設。海防の強化につとめたことで知られています。

ただ、阿部正弘は安政4年6月17日に急死します。享年は39歳でした。阿部正弘の死因は過労死や病死などの説もありますが、暗殺説もあるようです。

阿部正弘は歴史上の人物として人気があり、これまでにも大河ドラマでさまざまな俳優が演じてきました。2008年には「篤姫」で草刈正雄さんが、2010年には「龍馬伝」で升穀さんが、2018年には「西郷どん」で藤木直人さんが演じたことで知られています。どの俳優もイケメン揃いということで、「阿部正弘を演じるのはイケメンがセオリーになっているのでは」という意見もあるようです。

大谷亮平さんの阿部正弘役の演技に対する評判は?

大谷亮平さんの阿部正弘役の演技に対する評判についても見ていきましょう。大谷亮平さんの「青天を衝け」での阿部正弘役は、どのような評判だったのでしょうか?

阿部正弘は、「青天を衝け」の物語の中では比較的初期に死亡しました。そのため、名残を惜しむ人がネット上には多かったようです。それだけ大谷亮平さんが演じた阿部正弘が良かったということでもあるのでしょう。

阿部正弘は若くして老中の座についたということもあり、大奥でモテモテだったという情報があるようです。そのため、イケメンである大谷亮平さんが阿部正弘を演じたことに、多くの人が納得していたお湯でした。

大谷亮平さんが演じた阿部正弘演技の評判は、かなり良かったようです。今回の大河ドラマ「青天を衝け」では、草彅剛さんなどの演技派の俳優が勢揃いしており、さまざまな名場面が誕生しています。

その中でも、大谷亮平さんが演じる阿部正弘と草彅剛さんが演じる徳川慶喜の対話は話題になっていたとのこと。史実では、阿部正弘は次期将軍に一橋慶喜(徳川慶喜)を押していたという情報もありました。

大谷亮平さんは「青天を衝け」で阿部正弘役を熱演!

大谷亮平さんの「青天を衝け」での大河ドラマ初出演について紹介してきました。大谷よ亮平さんは「青天を衝け」で大奥でもモテモテだったという老中・阿部正弘を演じていたとのこと。阿部正弘はイケメンだっただけではなく、さまざまな改革を成し遂げた人物でもあり、大谷亮平さんはその人柄を見事に演じていたようです。大谷亮平さんの今後の俳優としての活動にも注目していきましょう!

■大谷亮平さんに関する他の記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA