千葉雄大さんはヌクメン?ヌクメンって何?千葉雄大さんのヌクメンの噂について調査!

今注目の俳優・千葉雄大さんがヌクメンだという噂があるそうです。そもそも「ヌクメン」とは何なのでしょうか?千葉雄大さんがヌクメンだという噂と、今注目の「ヌクメン」について紹介します。

スポンサーリンク

千葉雄大さんのプロフィール

・愛称:千葉くん、ばーちー
・本名:千葉雄大(ちばゆうだい)
・生年月日:1989年3月9日
・年齢:32歳(2021年5月調査時点)
・出身地:宮城県多賀城市
・血液型:O型
・身長:173cm
・体重:???
・活動内容:俳優、タレント、ファッションモデル
・所属グループ:なし
・事務所:ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)
・家族構成:父、母、弟、従兄弟(立松和平)

千葉雄大さんの経歴

千葉雄大さんは2007年頃からモデルとして活動していましたが、当初はスターバックスでアルバイトをしながらの芸能活動だったようです。2009年に現在の事務所に所属した千葉雄大さんは、俳優としての活動もスタート。「天装戦隊ゴセイジャー」で主演のアラタ / ゴセイレッド役に抜擢され、俳優としてデビューしました。

千葉雄大さんはテレビドラマ「白戸修の事件簿」、「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」、「プリティが多すぎる」、「いいね!光源氏くん」などで主演するなど、現在は人気の俳優として注目を集めています。

また、映画「ピーターラビット」で主役のピーターラビットを演じるなど、声優としても活動。2021年にはミュージカル「ポーの一族」でアラン・トワイライト役を演じ、その歌唱力も注目を集めました。2021年3月からは、音楽番組「MUSIC BLOOD」で田中圭さんとともにMCもつとめています。

千葉雄大さんはヌクメン?

千葉雄大さんは「ヌクメン」だと噂になっているようです。千葉雄大さんがヌクメンだと話題になり始めたのは2015年頃のことで、以降、千葉雄大さんはヌクメンの代名詞のような存在となっています。

そもそもヌクメンって何?

そもそも「ヌクメン」というのは、どういう意味なのでしょうか?調べてみたところ、ヌクメンというのは、「女性の疲れ切った心を温かく包み込み、いやしてくれる温もり男子のこと」なのだとか。

ヌクメンにもっとも求められるのは女性に対する優しさなのだそう。さらに、母性をくすぐる笑顔もポイントになってくるとのこと。また、単に優しいだけではなく、必要な時には「優しく叱ってくれる」ところもヌクメンとして欠かせないポイントなのだそうです。千葉雄大さんはまさにこの条件にぴったりと当てはまり、ヌクメン男子の代表格と呼ばれています。

千葉雄大さん以外のヌクメンは?

千葉雄大さん以外にも、ヌクメンとして名前があがっている俳優はいるようです。千葉雄大さん以外のヌクメンにはどのような人がいるのでしょうか?

千葉雄大さん以外のヌクメン①神木隆之介さん

千葉雄大さん以外のヌクメンとして名前があがっているのが神木隆之介さんです。神木隆之介さんは子役の頃から活躍しているということもあり、女性の母性をくすぐるような魅力があります。また、神木隆之介さんは話し方なども丁寧で、優しい印象もあるようです。さらに、演技派の俳優としてさまざまな役を演じこなす才能もあり、「ただ優しいだけではない」というヌクメンの条件も満たしています。

千葉雄大さん以外のヌクメン②瀬戸康史さん

他にもヌクメンとして瀬戸康史さんの名前もあがっているようです。瀬戸康史さんは千葉雄大さんとも共通するベビーフェイスで、女性ファンからは「かわいい」と言われている俳優としても知られています。また、物腰も柔らかで、優しそうな印象もヌクメンの条件を満たしていると言えるでしょう。さらに、瀬戸康史さんはベビーフェイスと声のギャップが指摘されており、このギャップでヌクメンの条件を満たしているという意見もあるようです。

千葉雄大さんのヌクメンエピソード!

千葉雄大さんのヌクメンエピソードについても見ていきましょう。千葉雄大さんのヌクメンエピソードにはどのようなものがあるのでしょうか?

ヌクメンの評判に「へぇ-」

千葉雄大さんはあるインタビューで自身が「ヌクメン」と言われていることに対して「へぇーという感じ」とあまり実感がないことを明かしていました。また、「草食系ほど(ヌクメン)は認知されていないですよね」と冷静なコメントも返していたそうです。

ヌクメンキャラを封印?

2019年に千葉雄大さんが主演したドラマ「盤上の向日葵」では、ヌクメンキャラを封印して撮影に挑んだというエピソードがあるそうです。千葉雄大さんはそれまで、自身の特徴である「かわいい」を売りにした役を演じることが多かったとのこと。

ただ、「盤上の向日葵」で演じたのは、実業家から棋士に転身し、「炎の棋士」と呼ばれた上条桂介役でした。上条桂介は千葉雄大さんがこれまで演じてきた役とは全く異なる役柄で、波瀾万丈の人生を送った人物として知られています。

千葉雄大さんは上条桂介役について「気持ちに余裕がないときもあったが、一生懸命に入り込めた」と役を演じきった気持ちを語っています。この役を演じた時の千葉雄大さんの年齢は30歳。ネット上では「役者・千葉雄大の本気をぶつけてきた」とその演技が絶賛されていたそうです。

現在はヌクメンキャラも利用?

千葉雄大さんはヌクメンと呼ばれることや「かわいい」と言われることに対して以前は悩んでいたことがあったそうです。ただ、現在はそうしたヌクメンキャラのイメージも利用するしたたかさも身につけたのだとか。

「自分はかわいいだけしか魅力がないのか」と悩んでいた千葉雄大さんに、いつしか「あざとい」という形容詞もプラスされるようになりました。それを知った千葉雄大さんは、自分に「あざとい」魅力もあることを知り、それを個性としてアピールするようになったとのこと。「ただ優しいだけではない」というヌクメンとしての魅力がさらにパワーアップしたと言えるでしょう。

現在の千葉雄大さんはヌクメンというだけではなく「あざと男子」としてもファンが急増中だそうです。

千葉雄大さんはヌクメンだと話題!

千葉雄大さんがヌクメンだと話題になっているという情報について紹介してきました。ヌクメンというのは、「女性を優しく包み込み、温もりと癒やしを与えてくれる存在」であり、なおかつ「ただ優しいだけではない」魅力も併せ持つという条件を満たした男子のことなのだそうです。

千葉雄大さんはまさにこのヌクメンの条件を満たしており、ヌクメンの代表格とも呼ばれているようです。千葉雄大さんのヌクメンとしての魅力に今後も注目していきましょう!

■千葉雄大さんに関する他の記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA