B’zの名曲Best10!勝手にB’zの名曲をランキング!1位はあの曲?B’zの名曲エピソードも!

B’zはこれまでに数多くの曲をリリースしてきました。人によって思い入れのある曲は異なるかもしれません。そんなB’zの名曲の中から、勝手に上位10曲をセレクトし、紹介します。このランキングには筆者の個人的好みも加味されていますので、ご了承ください。それではB’zの名曲Best10を見ていきましょう!

スポンサーリンク

B’zのプロフィール

B’zはギタリストの松本孝弘さんとボーカルの稲葉浩志さんによるロックユニットで、松本孝弘さんが作曲した曲に稲葉浩志さんが歌詞をつけるというスタイルで活動を続けています。これまでに53枚のシングルと21枚のアルバムをリリース。2008年には「日本でもっともアルバムを売り上げたアーティスト」としてギネスに登録されました。

B’zの経歴

B’zの松本孝弘さんと稲葉浩志さんが出会ったのは1988年のことだったそうです。ちょうど松本孝弘さんはバンドの結成を考えており、稲葉浩志さんのデモテープを聴く機会があったのだとか。そのデモテープを聴き、松本孝弘さんは稲葉浩志さんをボーカルに迎えることを決めました。

B’zは2人の出会いから4ヶ月後にデビューという慌ただしいデビューだったため、稲葉浩志さんは松本孝弘さんから「一緒にバンドをやろう」と言われたことは一度もないのだとか。1988年9月にB’zはシングル「だからその手を離して」とアルバム「B’z」を同時発売してデビューしました。

現在のB’zはコンスタントにライブツアーを行っていますが、デビュー当初は松本孝弘さんの方針で「アルバム2枚を出すまでツアーはやらない」と決めていたのだそうです。そのため、稲葉浩志さんは松本孝弘さんが講師をつとめていたヤマハのセミナーに同行し、セミナー後にB’zとして演奏を披露するということをしていたそうです。

B’zの名前が知られるようになったのは、ミニアルバム「BAD COMMUNICATION」がきっかけでした。実験的な試みでリリースしたこのアルバムは、じわじわとB’zの人気を底上げし、ロングセラーとなります。その後、5枚目のシングル「太陽のKomachi Angel」が初めてオリコンチャートで1位を獲得し、以後のB’zはヒットチャート上位の常連となりました。

B’zの名曲ランキング・10位~4位

それでは、B’zの名曲ランキング10位から4位まで見ていきましょう。10位から4位までにはB’zのどの名曲がランクインしているのでしょうか?

B’zの名曲・第10位「Easy Come, Easy Go!」

まずはB’zの名曲ランキング第10位です。第10位となったのは、1990年にリリースされたB’zの6枚目のシングル「Easy Come, Easy Go!」でした。「Easy Come, Easy Go!」は、松本孝弘さんが全面プロデュースを行った初めての曲でもあります。三貴「カメリアダイヤモンド」のCMソングやセゾングループのCMソングとしても使用されました。

B’zの名曲・第9位「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」

続いてはB’zの名曲ランキング第9位です。第9位には1993年にリリースされたB’zの12枚目のシングル「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」がランクインしました。「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」はB’zの最大のヒットシングルと言われ、4週連続でオリコンのシングルチャート1位を獲得。日本テレビ開局40周年記念ドラマ「西遊記」の主題歌としても採用されました。イントロの部分が少しオリエンタル調になっているのは、「西遊記」の主題歌として作曲したという理由もあったようです。

B’zの名曲・第8位「もう一度キスしたかった」

B’zの名曲ランキング第8位は、1991年にリリースされたアルバム「IN THE LIFE」に収録された「もう一度キスしたかった」です。この曲はシングルカットされていませんが、ファンの中では根強い人気を誇る曲として知られています。1998年にリリースされた「B’z The Best “Treasure”」のファン投票では4位にランクインするほどの人気ぶりでした。この曲はメロディーも人気ですが、稲葉浩志さんの歌詞も人気があります。松本孝弘さんは「もう一度キスしたかった」の稲葉浩志さんの歌詞について、「もう一度キスしたかったという歌詞が3度出てくるけど、その理由がそれぞれ違う。稲葉浩志の作詞テクニックはすごい」と絶賛していたそうです。

B’zの名曲・第7位「LOVE PHANTOM」

B’zの名曲ランキング第7位は、1995年にリリースされたB’zの18枚目のシングル「LOVE PHANTOM」です。「LOVE PHANTOM」は、B’zのシングルとしては初めて発売延期になった曲でもあるとのこと。ただ、結果としては発売2週間でミリオンセラーを記録する大ヒットとなりました。

「LOVE PHANTOM」はB’zのシングルとしては初めてタイトルが歌詞の中に登場しない曲とのこと。テレビ朝日で放送されたアメリカのドラマ「X-ファイル」の主題歌やTBS系列で放送されていた「COUNT DOWN TV」のオープニングテーマとしても使用されました。

B’zの名曲・第6位「HOME」

B’zの名曲ランキング第6位は、1998年にリリースされたB’zの25枚目のシングル「HOME」です。「HOME」は当時人気急上昇中だったL’Arc-en-Cielがシングル3枚同時リリースをしており、発売日が同じだったとのこと。そのL’Arc-en-Cielの「HONEY」を抑え、「HOME」がオリコンチャート1位を獲得しました。

「HOME」は角川文庫CMソングとして使用されたり、東映・アスミック・エース映画「不夜城」の主題歌にも採用されました。2020年にはコロナ禍で稲葉浩志さんと松本孝弘さんがそれぞれ自宅から演奏した「HOME」が話題となり、再び人気に火がついているようです。

B’zの名曲・第5位「ZERO」

B’zの名曲ランキング第5位は、1992年にリリースされたB’zの11枚目のシングル「ZERO」でした。「ZERO」はB’zの6枚目のアルバム「RUN」からの先行リリースでタイアップなどもない状態でのリリースでしたが、オリコンでは2週連続で1位を獲得しました。「ZERO」は発売から17年後にキリンビールの発泡酒「麒麟 ZERO」のCMソングに採用されています。

B’zの名曲・第4位「ultra soul」

B’zの名曲ランキング第4位は、2001年にリリースされたB’zの31枚目のシングル「ultra soul」でした。この曲は「世界水泳福岡2001」の大会公式テーマソングとして採用され、以後も世界水泳中継の際に使用されることが多いようです。松本孝弘さんはこの「ultra soul」について「B’zの代表曲」、「自己紹介の曲」と語っています。

B’zの名曲ランキング・3位~1位

B’zの名曲ランキングの3位から1位を見ていきましょう。ビーズの数ある名曲から1位に輝くのはどの曲なのでしょうか?B’zの名曲ランキング3位から1位を紹介します!

B’zの名曲・第3位「ALONE」

B’zの名曲ランキング第3位は、1991年にリリースされたB’zの9枚目のシングル「ALONE」です。このシングルはアルバム「IN THE LIFE」からの先行リリースとして発売されました。8枚目のシングル「LADY NAVIGATION」に続いて「ALONE」もオリコンチャート1位になったため、この年のB’zはCDセールスナンバーワンのアーティストになりました。

「ALONE」について松本孝弘さんは、「ロックバンドにありそうなメジャーなバラードを作りたかった」と語っています。「ALONE」はフジテレビ系列で放送されたドラマ「ホテルウーマン」の主題歌にも採用されました。

B’zの名曲・第2位「今夜月の見える丘に」

B’zの名曲ランキング2位は、2000年にリリースされたB’zの27枚目のシングル「今夜月の見える丘に」でした。「今夜月の見える丘に」はB’zとしては初となるマキシシングルとしてリリースされています。

この曲はTBS系列で放送されたドラマ「Beautiful Life〜ふたりでいた日々〜」の主題歌として採用されました。ドラマが大ヒットしたということもあり、「今夜月の見える丘に」も3年ぶりのミリオンセラーを達成。B’zのすべてのシングルの中でも、最後にミリオンセラーを達成した曲でもあるそうです。

B’zの名曲・第1位「いつかのメリークリスマス」

B’zの名曲ランキング1位についても見ていきましょう。B’zの名曲ランキングの1位は、1992年にリリースされたミニアルバム「FRIENDS」に収録された「いつかのメリークリスマス」です。この曲はシングルカットされていませんが、B’zのファンであるなしを問わず、「この曲を聴かないとクリスマスは越せない」と言われるほどの人気の曲となっています。

また、この曲はシングルカットされていないにも関わらず、さまざまなタイアップをしていることでも知られています。1997年には映画「恋は舞い降りた。」の挿入歌として使用され、TBSの「恋するハニカミ!」のテーマソングにも採用。さらに「すぽると!」のオープニングテーマにも使用されています。また、ペプシコーラ「ペプシネックス」Xmas Lover篇 CMソングにもなりました。

「いつかのメリークリスマス」について松本孝弘さんは、「B’zの曲の中でもメロディと歌詞のバランスが良い」、「特に気に入っている曲」と語っています。また、作詞をした稲葉浩志さんは「これほど気に入ってもらえるとは思わなかった」と語っていたそうです。

B’zの曲はどれも名曲揃いだった!

B’zの名曲ランキングを紹介してきました。B’zにはさまざまな名曲があり、ここでは紹介しきれなかった曲も多数あります。また、シングルカットされていないのに人気がある曲が多いのもB’zの特徴と言えるでしょう。時間が経っても色あせることのないB’zの名曲を改めて聴いてみてはいかがでしょうか?

■B’zに関連する他の記事はこちら

蓬田美奈子さんはB’z稲葉浩志さんの嫁!元旦那は松崎しげるさん?稲葉浩志さんの嫁・蓬田美奈子さんまとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA