岡田健史さんの生い立ち!出身や本名についても調査!岡田健史さんの生い立ちまとめ!

大人気の俳優・岡田健史さんの生い立ちが話題となっているようです。岡田健史さんはどのような生い立ちをたどってきたのでしょうか?岡田健史さんの出身や本名についても調査。岡田健史さんの生い立ちについてまとめました。

スポンサーリンク

岡田健史さんのプロフィール

・愛称:不明
・本名:非公開
・生年月日:1999年5月12日
・年齢:21歳(2021年4月調査時点)
・出身地:福岡県
・血液型:O型
・身長:180cm
・体重:不明
・活動内容:俳優
・事務所:スパイスパワー
・家族構成:父、母、姉

岡田健史さんの経歴

岡田健史さんは中学1年生の時に現在の事務所・スパイスパワーからスカウトを受けたものの、当時は野球に夢中だったため、断り続けていたそうです。その後、スパイスパワーは5年間にわたって岡田健史さんにスカウトを続けたのだとか。

岡田健史さんがスパイスパワーに所属することになったのは、高校3年生になって野球部を引退した後のことでした。その後、岡田健史さんはドラマ「中学聖日記」で俳優としてデビューし、一気に知名度をあげます。「中学聖日記」放送の翌年には」博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?」でテレビドラマ初主演もつとめました。

岡田健史さんは2021年2月から放送されている「青天を衝け」で大河ドラマにも初出演。主人公の渋沢栄一の従兄で後に見立て養子となる尾高平九郎を好演しています。

岡田健史さんの出身

岡田健史さんの出身について見ていきましょう。岡田健史さんの出身は福岡県福岡市と公表されています。先ほども紹介したように、2019年に岡田健史さんは「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?」に主演しています。

岡田健史さんがこのドラマで演じたのは、博多出身の高校生・東 京(あずま みやこ)です。東 京は小学生の時に東京に転校しますが、その際には博多弁での挨拶を失敗してしまい、その後は博多弁を封印するようになりました。そんな東 京の前に、転校生として幼馴染みの博多乃どん子がやって来て、博多弁を隠すことなく話して人気者となります。

岡田健史さんが演じた東 京は、過去の博多弁がトラウマとなって博多弁を隠すという設定の役柄ですが、博多乃どん子が転校してきたことにより、再び博多弁を話すようになります。岡田健史さんは福岡市の出身ですので、自然な博多弁を話していたようです。

岡田健史さんの本名は?

岡田健史さんの本名についても見ていきましょう。岡田健史さんの本名は公式には非公表となっています。ただ、岡田健史さんは高校生時代に野球で有名だったということもあり、本名は芸能界デビュー後、すぐに判明していたようでした。

岡田健史さんの本名は「水上恒司(みずかみこうし)」といいます。岡田健史さんがなぜ本名ではなく芸名で活動するようになったかという理由については不明です。また、岡田健史という芸名をつけた理由についても分かっていません。ネット上では「剣士」にかけたのではないかという意見もあるようです。

岡田健史さんの生い立ちは?

岡田健史さんの生い立ちについて見ていきましょう。岡田健史さんはどのような生い立ちをたどってきたのでしょうか?岡田健史さんの生い立ちについて順を追って紹介します。

岡田健史さんの生い立ち①小学生時代

まずは岡田健史さんの小学生時代の生い立ちから見ていきましょう。小学生時代の岡田健史さんの生い立ちを調べてみると、小学校2年生の時に野球を始めたことが分かりました。岡田健史さんは2019年に福岡ソフトバンクホークスの始球式に参加しています。この時の背番号は、岡田健史さんが小学生時代に初めてもらった背番号「23」だったのだそうです。

岡田健史さんは地元の少年野球チーム「ヤング福岡ライナーズ小学部」で野球を始めたとのこと。岡田健史さんが野球を始めたのは父親が野球経験者だったことがきっかけだったそうです。また、岡田健史さんが7歳の時に「ヤング福岡ライナーズ小学部」に入りたいと言ったときには、1度却下されたのだとか。ただ、その後も岡田健史さんは粘り強く訴え続け、8歳の時に「ヤング福岡ライナーズ小学部」に入ることができました。

岡田健史さんの生い立ち②中学生時代

続いては岡田健史さんの中学生時代の生い立ちについても見ていきましょう。岡田健史さんは地元の公立中学校に進学し、中学校の野球部ではなく、「ヤング福岡ライナーズ中学部」で野球を続けていたようです。

そんな野球少年だった岡田健史さんのもとに、スパイスパワーのスタッフがスカウトに訪れました。当時はよく分からないままに名前などを教えてしまい、岡田健史さんは母親から叱られてしまったのだとか。その翌日にも、スパイスパワーのスタッフが二人に増えて岡田健史さんを待っていたのだそうです。

岡田健史さんの生い立ち③高校生時代

岡田健史さんの高校生時代の生い立ちについても見ていきましょう。岡田健史さんは中学を卒業すると、野球の名門校である創成館高等学校に特待生として進学しました。岡田健史さんは創成館高等学校の1年生、2年生のときには学年キャプテンをつとめていたそうです。また、高校3年生の時には副キャプテンをつとめました。

岡田健史さんの大きな目標が甲子園への出場でしたが、残念ながら岡田健史さんは甲子園に出場することはできませんでした。高校生時代はイケメンキャッチャーとして他校の女子生徒からも高い人気を誇っていたようです。

野球部を引退後には校長先生から誘われ、岡田健史さんは演劇部に助っ人として入部。岡田健史さんが演じたのは主人公の従兄で、特攻隊に行く青年の役でした。創成館高等学校はこの作品で演劇の大会に出場し、長崎の大会で最優秀賞を受賞したとのこと。この受賞の際には審査員は岡田健史さんを名指しし、その演技を称賛していたそうです。

岡田健史さんの生い立ち④大学生時代

岡田健史さんの最終学歴については高校卒業だと思っている人が多いようですが、実は少しだけ大学生時代があったことが分かりました。岡田健史さんが進学した大学は福岡工業大学で、社会環境学部社会環境学科に在籍していたそうです。岡田健史さんは社会人野球の道へすすみたいと考え、大学に進学したとのこと。

ただ、大学入試の直後に「中学聖日記」のオーディションがあり、岡田健史さんは合格します。岡田健史さんは大学を中退し、俳優としての仕事に専念することを決めました。

この決断について岡田健史さんが両親に話したところ、かなり反対されてしまったのだそうです。岡田健史さんの両親は、大学は卒業して欲しいと考えていたとのこと。岡田健史さんは泣きながら「俺の人生だから」と両親を説得。最終的には両親の理解も得て、岡田健史さんは大学を中退し、俳優としての道を歩み始めました。

岡田健史さんの生い立ち⑤ドラマ「中学聖日記」で芸能界デビュー

先ほども紹介しましたが、岡田健史さんは大学入試の直後に「中学聖日記」のオーディションを受け、合格しています。オーディションの前には1週間ほど演技のレッスンをしていたそうです。

岡田健史さんは「中学聖日記」の黒岩晶を演じるにあたって10kgの減量にも挑戦したのだとか。「中学聖日記」の撮影では、相手役の有村架純さんからさまざまなアドバイスも受けたのだそうです。また、当時の岡田健史さんは福岡県から出てきたばかりということもあり、訛りを出さないようにすることにも苦労したようでした。

岡田健史さんの生い立ちは野球少年から人気俳優へ!

岡田健史さんの生い立ちについて紹介してきました。岡田健史さんは福岡県福岡市の出身で、小学校2年生から地元の少年野球チームで活躍していたようです。高校は野球の名門・創成館高等学校に進学。キャッチャーとしてチームを牽引する存在だったようです。現在は俳優として大活躍の岡田健史さん。今後の岡田健史さんの活動にも注目していきましょう!

■岡田健史さんの他の記事はこちら

岡田健史さんが大河初出演!「青天を衝け」で演じる尾高平九郎 とは?岡田健史さんの尾高平九郎役まとめ!

岡田健史さんは野球がすごい?創成館野球部出身?野球部時代の画像も!岡田健史さんの野球まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA