岡田健史さんは野球がすごい?創成館野球部出身?野球部時代の画像も!岡田健史さんの野球まとめ!

俳優の岡田健史さんは野球がすごいと話題になっています。岡田健史さんの出身高校は、野球の強豪校・創成館だという噂も。岡田健史さんの野球部時代の画像も調査。岡田健史さんの野球についてまとめました。

スポンサーリンク

岡田健史さんのプロフィール

・愛称:不明
・本名:非公開
・生年月日:1999年5月12日
・年齢:21歳(2021年4月調査時点)
・出身地:福岡県
・血液型:O型
・身長:180cm
・体重:不明
・活動内容:俳優
・事務所:スパイスパワー
・家族構成:父、母、姉

岡田健史さんの経歴

岡田健史さんは中学1年生の時には現在の事務所からスカウトをされるほどのイケメンだったようですが、実際に事務所に所属したのは高校3年生の時のことでした。岡田健史さんは自ら事務所に連絡したそうですが、これは両親を泣きながら説得してのことだったそうです。

岡田健史さんはオーディションを経て2018年に放送されたテレビドラマ「中学聖日記」の黒岩晶役に抜擢されます。黒岩晶は、有村架純さんが演じる主人公の教師と恋に落ちる中学生の役で、岡田健史さんは俳優デビュー作品で大きく注目を浴びることになります。また、このドラマでの演技が評価され、第99回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞を受賞しました。

2020年には映画「望み」、「弥生、三月-君を愛した30年-」、「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」などに出演。これらの演技が評価され、岡田健史さんは第33回日刊スポーツ映画大賞の石原裕次郎新人賞、第44回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しています。

岡田健史さんはの野球歴は?

岡田健史さんの野球歴について見ていきましょう。岡田健史さんが野球を始めたのは小学校2年生の時のことだったそうです。当時は地元の少年野球チーム「ヤング福岡ライナーズ」に所属していたとのこと。中学校は地元の公立中学校に進学しましたが、学校の野球部には所属せず、「ヤング福岡ライナーズ」で野球を続けたそうです。

中学校を卒業した岡田健史さんは、野球の強豪校として知られる創成館高等学校に進学。創成館高等学校には野球の特待生として入学したそうです。岡田健史さんは寮生活を始め、野球漬けの高校生活を送りました。

創成館高等学校は甲子園への出場経験もあり、岡田健史さんが高校1年生の時には夏の甲子園に出場しています。ただ、この時には岡田健史さんは1年生だったこともあり、甲子園には出場していません。その後も岡田健史さんは甲子園出場を目指して奮闘しましたが、高校3年生の夏の大会の長崎予選の準決勝で敗退し、岡田健史さんは野球部を引退しています。

ポジションはキャチャー

岡田健史さんのポジションは、ほとんどキャッチャーだったそうです。キャッチャーは試合をメイキングする頭脳も必要とされるポジションもあります。

岡田健史さんは創成館高等学校時代にもキャッチャーをしていましたが、チームには正捕手がいたため、岡田健史さんは控えだったのだそうです。ただ、高校3年生の夏の甲子園の予選の際には、初めて公式戦にキャッチャーとしてスタメンで出場しました。

岡田健史さんの野球画像

岡田健史さんの野球部時代の画像を見ていきましょう。岡田健史さんは現在もイケメン俳優として知られていますが、野球部時代もかなりのイケメンだったようです。

岡田健史さんのポジションはキャッチャーですので、普段は他のポジションの選手よりは顔が見えにくいポジションでもあります。それでも岡田健史さんのイケメンぶりは、かなり有名だったようです。

岡田健史さんの野球部時代の画像を見ると、まるでドラマの1シーンのように完成されたイケメンであることが分かります。現在所属する事務所・スパイスパワーは岡田健史さんを5年間スカウトし続けたと言われていますが、その理由も理解できます。

岡田健史さんのイケメンぶりは、芸能界デビューする前から話題になっていたようです。そのため、岡田健史さんは芸名で芸能界デビューしましたが、すぐに本名や経歴がバレてしまったようです。

岡田健史さんは野球の強豪校である創成館高等学校出身ということもあり、野球部在籍時の写真がかなり出回っているようです。今後もさらに掘り出し物のイケメン画像が流出する可能性があるかもしれません。

岡田健史さんの野球エピソード

岡田健史さんの野球エピソードについて見ていきましょう。岡田健史さんは小学生の頃から野球をしていましたが、どのようなエピソードがあったのでしょうか?

スカウトされても野球一筋

岡田健史さんは中学1年生の学校の帰り道、現在の所属事務所のスタッフにスカウトされたのだそうです。そのことを母に話すと、知らない人に住所や名前を教えたことを叱られてしまったのだとか。

スパイスパワーのスタッフは翌日も岡田健史さんを待ち伏せしており、この時には人数が二人に増えていたのだとか。改めて名刺を渡されてスカウトされたそうですが、岡田健史さんは甲子園に行くことしか考えていなかったため、断ったのだそうです。その後もスパイスパワーは5年間、岡田健史さんをスカウトし続けました。

休みはお盆と年末年始のみ

小学生時代から野球漬けの日々を送っていた岡田健史さんですが、高校に入ると寮生活を始め、雨の日も雪の日も野球の練習に明け暮れていたそうです。休みはお盆と正月に少しまとまった休みを取るだけでした。

創成館高等学校時代には学年キャプテンも

創成館高等学校時代の岡田健史さんは、1年生と2年生の時には学年キャプテンをつとめていたそうです。高校3年生の時には副キャプテンを任されていたのだとか。本来はキャプテンになる予定もあったそうですが、岡田健史さんの性格が真面目すぎるということもあり、監督が心配してあえて副キャプテンにしたというエピソードもあるそうです。

両親の顔を見て号泣

岡田健史さんが所属していた創成館高等学校の野球部は、夏の甲子園の長崎予選準決勝で敗退しました。これが岡田健史さんにとっての引退試合になります。この試合の後、岡田健史さんは他のメンバーは泣いているのに泣かなかったそうです。ただ、ベンチ裏に両親の姿を見つけた瞬間、さまざまな思いがこみ上げてきて号泣したそうです。

野球部引退後は演劇部の助っ人に

野球部引退後の岡田健史さんは、高校の校長先生の推薦もあり、演劇部に助っ人として入部したそうです。その演劇部は演劇の大会に出るためのキャストを探していたそうで、岡田健史さんは特攻隊員の役を演じたのだそうです。

創成館高等学校の演劇部は地区大会を突破し、県大会にも出場。長崎大会では最優秀賞を受賞したそうです。この時、審査員は岡田健史さんを名指しで賛辞したのだとか。このことがきっかけとなり、岡田健史さんは俳優を目指そうという気持ちになったのだそうです。

岡田健史さんは創成館野球部出身でキャッチャーだった!

岡田健史さんの野球について紹介してきました。岡田健史さんは小学生時代から野球をしており、ポジションはキャッチャーだったとのこと。高校は特待生で野球部の強豪・創成館に進学。高校3年生の時には副キャプテンもつとめていました。岡田健史さんの高校生時代はイケメンキャッチャーとしても有名で、女子生徒からの人気も凄かったと言われています。岡田健史さんの今後の俳優としての滑動にも注目していきましょう!

■岡田健史さんの他の記事はこちら

岡田健史さんが大河初出演!「青天を衝け」で演じる尾高平九郎 とは?岡田健史さんの尾高平九郎役まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA