大河ドラマ「青天を衝け」で篤君(天璋院)を演じるのは上白石萌音さん!上白石萌音さんが演じる篤君とは?上白石萌音さんの篤君役まとめ!

大河ドラマ「青天を衝け」で上白石萌音さんが篤君役を演じることが話題となっています。上白石萌音さんが演じる篤君とはどのような役なのでしょうか?上白石萌音さんの「青天を衝け」での篤君役について紹介します。

スポンサーリンク

上白石萌音さんのプロフィール

・愛称:もねねん、萌音ねん
・本名:上白石萌音(かみしらいしもね)
・生年月日:1998年1月27日
・年齢:23歳(2021年6月調査時点)
・出身地:鹿児島県鹿児島市
・血液型:AB型
・身長:152cm
・体重:不明
・活動内容:女優
・事務所:東宝芸能
・家族構成:父、母、妹(上白石萌歌)

上白石萌音さんの経歴

上白石萌音さんは小学生の頃からミュージカルスクールに通い、中学1年生の時に「東宝シンデレラオーディション」で審査員特別賞を受賞。このコンテストでのグランプリは妹の上白石萌歌さんでした。上白石萌音さんは妹と共に東宝芸能に入り、芸能活動をスタートさせます。

2011年12月には大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」で女優としてデビュー。2012年にはアニメ「おおかみこどもの雨と雪」で声優としてもデビューしました。2014年に公開された映画「舞妓はレディ」ではオーディションを勝ち抜いて主役に抜擢され、監督の周防正行さんから「平成のオードリーヘップバーン」と称されました。

その後も上白石萌音さんは、さまざまなドラマや映画に出演。2016年には大ヒットした映画「君の名は。」で主人公の宮水三葉を演じて話題を集めました。2021年後期にに放送予定のNHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ」でも、上白石萌音さんはヒロインを演じることが決定しています。

上白石萌音さんが出演する「青天を衝け」とは?

上白石萌音さんが出演する「青天を衝け」は2021年2月にスタートした大河ドラマです。この作品の舞台は幕末から明治までの動乱の時期となっており、「日本資本主義の父」とも呼ばれた渋沢栄一が主人公です。渋沢栄一といえば、新一万円札の肖像に決定したことも話題となっています。

主人公の渋沢栄一を演じるのは、今注目の若手俳優・吉沢亮さん。そして、物語のキーマンでもある江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜を草彅剛さんが演じています。「青天を衝け」には他にも、堤真一さんや小林薫さん、竹中直人さんなどのベテラン俳優が脇を固めています。

また、NHKの朝ドラ「あさが来た」に出演したディーン・フジオカさんが、同じ五代友厚役で出演することも話題になっているようです。

上白石萌音さんが演じる篤君とは?

上白石萌音さんが演じる篤君がどのような役かについて見ていきましょう。篤君は「篤姫」といえば知っている人も多いかもしれません。篤姫はこれまでも何度か大河ドラマに登場し、そのたびに美人女優が篤姫役を演じていることも話題になっています。

2008年には篤姫を主人公にした大河ドラマが放送され、宮﨑あおいさんが篤姫を演じています。また、1998年に放送された大河ドラマ「徳川慶喜」では深津絵里さんが篤姫を演じました。2016年に放送された大河ドラマ「西郷どん」では北川景子さんが篤姫を演じています。

篤君は薩摩藩島津家の一門に生まれ、その後、島津本家の養子となり、江戸幕府第13代将軍徳川家定御台所となりました。篤君は、徳川慶喜を次期将軍にするように徳川家定を説得するという密命を背負って嫁いだという話がありますが、徳川家定は結婚から2年足らずで急死し、篤君は未亡人となってしまいます。

徳川家定死後の篤君は、落飾して天璋院と名乗るようになります。天璋院は夫の家定の死後も故郷の薩摩には戻らず、生涯を江戸で過ごします。大政奉還が行われた際には、徳川家や徳川慶喜の命を守るために奮闘したことも有名な話です。

上白石萌音さんの篤君役に対するネットの声

上白石萌音さんの篤君役に対するネットの声についても見ていきましょう。上白石萌音さんの篤君役に対して、ネット上ではどのような声があるのでしょうか?

上白石萌音さんは人気も実力も兼ね備えた女優ということもあり、篤君として登場する前から注目を集めているようです。日曜日の大河ドラマを楽しみにする人も増えたようでした。

上白石萌音さんの篤君のビジュアルが登場を前に公開されましたが、「和装が似合う」と絶賛する声も多いようです。篤君は御台所という役柄ですので、今後の衣装にも注目が集まりそうです。

上白石萌音さんの「青天を衝け」の篤君役に期待!

上白石萌音さんの「青天を衝け」での篤君役について紹介してきました。篤君こと篤姫は、これまで多くの美人女優が演じてきたことで知られています。上白石萌音さんがどのような篤君を演じるのか注目していきましょう!

■大河ドラマ「青天を衝け」の他の記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA