大河ドラマ「青天を衝け」で吉沢亮さんが初主演!吉沢亮さんが演じる渋沢栄一はどんな人?吉沢亮さんの渋沢栄一役まとめ!

大河ドラマ「青天を衝け」の主人公・渋沢栄一役に抜擢された吉沢亮さん。吉沢亮さんが演じる渋沢栄一とはどのような役なのでしょうか?吉沢亮さんが大河ドラマ「青天を衝け」で演じる渋沢栄一役についてまとめました。

スポンサーリンク

吉沢亮さんのプロフィール

・愛称:お亮、亮くん
・本名:吉沢亮(よしざわりょう)
・生年月日:1994年2月1日
・年齢:27歳(2021年3月調査時点)
・出身地:東京都
・血液型:B型
・身長:171cm
・体重:???
・活動内容:俳優
・所属グループ:なし
・事務所:アミューズ
・家族構成:父、母、兄、弟二人

吉沢亮さんの経歴

吉沢亮さんは2009年、「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」でRight-on賞を受賞し、アミューズに所属。2010年に舞台「BLACK PEARL」で俳優としてデビューしました。

吉沢亮さんは2011年に「仮面ライダーフォーゼ」で2号ライダーである仮面ライダーメテオこと朔田流星役に抜擢。その爽やかなルックスから、幅広い世代からの人気を集めました。

2017年には映画「銀魂」で沖田総悟役に抜擢された吉沢亮さんは、2019年に映画「キングダム」で秦王・嬴政と漂の二役を演じるなど、近年は実写化作品への出演も多くなっていたようです。吉沢亮さんは「キングダム」での演技が高く評価され、日本アカデミー賞の最優秀助演男優賞などを受賞しています。

吉沢亮さんが主演の大河ドラマ「青天を衝け」とは?

吉沢亮さんが主演する大河ドラマ「青天を衝け」は、NHKの大河ドラマ60作目の作品で、「日本の資本主義の父」とも言われる渋沢栄一の生涯を描いた作品です。吉沢亮さんは大河ドラマ初出演にして初主演をつとめています。吉沢亮さんは大河ドラマの主役としては初めての平成生まれだということも注目を集めました。

「青天を衝け」というタイトルは、渋沢栄一が詠んだという漢詩「勢衝青天攘臂躋 気穿白雲唾手征」が元になっているとのこと。これは和訳すると「青空をつきさす勢いで肘をまくって登り、白雲をつきぬける気力で手に唾して進む」となります。ドラマでは、青い空に小節を突き立てる渋沢栄一の姿がたびたび映し出されています。

大河ドラマ「青天を衝け」は、新型コロナウイルスの影響でスタートが2月からになりました。2月からの大河ドラマスタートは初めてのことだったそうですが、現在のところ、視聴率は好調だとのことです。

吉沢亮さんが演じる渋沢栄一はどんな役?

吉沢亮さんが大河ドラマ「青天を衝け」で演じる渋沢栄一がどのような役なのかについても見ていきましょう。「日本資本主義の父」とも呼ばれる渋沢栄一は、どのよう活躍をした人なのでしょうか?

渋沢栄一は農民の出身と言われていますが、藍玉の製造販売と養蚕を兼営しながら農業を行う富農だったと言われています。そのため、渋沢栄一も幼少期から父と共に行商に歩き、14歳の頃には単独で藍玉の仕入れを行うなど、商才を発揮していたとのこと。

また、裕福な家庭に生まれ育ったということもあり、幼少期から論語を始め四書五経や日本外史などを学んでいたのだそうです。その後、江戸に出た渋沢栄一は海保漁村の門下生となり、北辰一刀流の千葉栄次郎の道場にも入門。この頃に尊皇攘夷の思想に目覚めたと言われています。

渋沢栄一は江戸滞在中に交流のあった平岡円四郎の推挙で一橋慶喜(後の徳川慶喜)の家臣に。一橋慶喜が徳川慶喜として将軍職についた後には幕臣となりました。

大政奉還し、徳川慶喜が将軍職を退いた後には、「お前はお前の道を行きなさい」と徳川慶喜に言われたにも関わらず、渋沢栄一は旧恩に報いるため、徳川慶喜が謹慎していた静岡藩に出仕。渋沢栄一は、徳川慶喜が面会に応じる数少ない人物の1人となりました。

その後、渋沢栄一は大蔵省勤務を経て実業家として幼少期からの商才を発揮します。1873年には第一国立銀行(後の第一勧業銀行で現在のみずほ銀行)の総監役に就任。また、東京府の瓦斯掛(現在の東京ガス)の委員としてガス事業も計画。さらに、印刷業の創業や中外物価新報(現在の日本経済新聞)の創刊を支援するなど、多方面で活躍します。

渋沢栄一は経済の面だけではなく、福祉の面においてもさまざまな貢献をしています。生活困窮者救済事業である養育院(現在の東京都健康長寿医療センター)の運営や博愛社(現在の日本赤十字社)の運営にも関わりました。また、教育の分野でも、商法講習所(現在の一橋大学)や大倉商業学校(現在の東京大学)の創立にも関わっているそうです。こうした功績もあり、渋沢栄一は2度に渡ってノーベル平和賞の候補にもあがっていました。

吉沢亮さんは剣道2段!

吉沢亮さんが演じる渋沢栄一は、江戸に滞在中に剣術修行をしていたとされています。「青天を衝け」でも、吉沢亮さんの剣術のシーンが話題となっていました。

吉沢亮さんは小学生の時から9年間剣道をされていたそうで、剣道2段の腕前なのだとか。吉沢亮さんは関東の大会で最優秀選手に選ばれたこともあるのだそうです。

そんな吉沢亮さんの剣道は、「青天を衝け」だけではなく、これまで出演してきた「銀魂」や「キングダム」などでも披露されています。吉沢亮さんの殺陣のシーンは動きが驚くほど速いと言われており、作品に説得力を持たせることができる腕前と評判です。

以下は吉沢亮さんが出演した「体育会TV」での剣道動画になります。この頃の吉沢亮さんは18歳ということもあり、清々しい剣道姿が注目を集めました。

動画では、吉沢亮さんは剣道日本一となった守谷高校の女子高生と試合をしています。相手は女子高生とはいえ、日本一の実力の持ち主ですので、そう簡単には勝てない相手です。吉沢亮さんは途中で相手に押されつつも、最終的に胴1本を取って勝利しています。

吉沢亮さんの渋沢栄一役の評判

吉沢亮さんの渋沢栄一役の評判について見ていきましょう。SNSなどでは、吉沢亮さんの「青天を衝け」での渋沢栄一役にどのような声があがっているのでしょうか?

吉沢亮さんの渋沢栄一役に対しては「とにかくイケメンすぎる」という意見も多いようです。渋沢栄一の本来の姿を知っている人からすると「イケメン過ぎて違和感」を感じる人もいるのとこと。ただ、「吉沢亮が渋沢栄一にしか見えない」と、外見ではなく、内面がにじみ出る演技についてはかなりの高評価となっているようです。

https://twitter.com/QFCOOHlaOEXj0F5/status/1370705976429408258?s=20

吉沢亮さんが大河ドラマ「青天を衝け」の主人公を演じることが発表された時、「早すぎるのではないか?」という意見も多かったようです。ただ、ドラマが始まってみると、吉沢亮さんの演技に圧倒され、「実力があれば年齢なんて関係ない」という意見が多数を占めるようになりました。かねてより演技力に定評のあった吉沢亮さんですが、大河ドラマ「青天を衝け」でも、その実力を存分に発揮しているようです。

大河ドラマは戦国時代モノでないとヒットしないと言われていますが、現在のところ、「青天を衝け」の視聴率や評判は上々のようです。その視聴率や評判に貢献しているのが、吉沢亮さんの演技だとも言われています。

当初は「ちょんまげが似合わない」などさまざまな声もあったようですが、現在は吉沢亮さんの高い演技力に注目が集まっており、マイナスの声はほとんど見られません。また、吉沢亮さん以外の俳優の演技や脚本にも称賛の声が集まっており、「毎週の放送が楽しみすぎる」という声も多く見られました。

吉沢亮さんの渋沢栄一役は視聴率も高く高評価!

吉沢亮さんが主演する大河ドラマ「青天を衝け」での渋沢栄一役について紹介してきました。吉沢亮さんが渋沢栄一役に抜擢された当初は、「年齢が若すぎる」という意見などもあったようですが、現在は「吉沢亮が渋沢栄一にしか見えない」という声もあるほどの高評価となっています。「青天を衝け」はスタートしたばかりですが、視聴率も好調とのこと。今後の吉沢亮さんの渋沢栄一役の演技にも注目していきましょう!

■吉沢亮さんに関する他の記事はこちら

吉沢亮さんと橋本環奈さんの顔が似てる!2人の顔を画像で比較!吉沢亮さんと橋本環奈さんの仲についても調査!

吉沢亮さんと広瀬すずさんの共演再び!「一度死んでみた」はどんな映画?

吉沢亮さんと杉咲花さんがダブル主演!映画「青くて痛くて脆い」とは?

吉沢亮さんが一人二役!映画「キングダム」で演じた役は!?

吉沢亮さんは仮面ライダー俳優!仮面ライダーメテオとは!?吉沢亮さんの仮面ライダー時代まとめ!

吉沢亮さんの剣道がすごい!?アクションシーンでも剣道が活躍!?吉沢亮さんと剣道まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA