大河ドラマ「青天を衝け」で草彅剛さんが話題!草彅剛さんが演じた徳川慶喜とは?草彅剛さんの徳川慶喜役めとめ!

大河ドラマ「青天を衝け」がスタートし、草彅剛さんの演技が話題になっているようです。草彅剛さんが演じる徳川慶喜とはどのような役なのでしょうか?草彅剛さんの大河ドラマ「青天を衝け」での徳川慶喜役についてまとめました。

スポンサーリンク

草彅剛さんのプロフィール

・愛称:つよぽん、つよしくん、つよし
・本名:草彅剛(くさなぎつよし)
・生年月日:1974年7月9日
・年齢:46歳(2021年3月調査時点)
・出身地:埼玉県春日部市
・血液型:A型
・身長:170cm
・体重:非公表
・活動内容:俳優、声優、歌手、司会者、YouTuber
・所属グループ:新しい地図
・事務所:株式会社CULEN
・家族構成:妻(一般女性)

草彅剛さんの経歴

草彅剛さんは中学1年生の時にジャニーズ事務所に入所。その後、1988年にSMAPのメンバーに選ばれました。結成から3年後の1991年、SMAPはシングル「Can’t Stop!! -LOVING-」でメジャーデビューを果たしました。

ただ、当時のCDの売り上げは決して良いものではなかったようで、SMAPはバラエティを中心として活動に路線を変更していきます。その結果、「SMAPxSMAP」など、数々の冠番組も誕生。

草彅剛さんはSMAPの活動とともに、俳優としてもその才能を発揮します。草彅剛さんが俳優として注目を集めたのは、1997年に放送された主演ドラマ「いいひと。」でした。その後も草彅剛さんは映画「黄泉がえり」やドラマ「僕の生きる道」など、数々の作品でその演技力を絶賛されました。

2017年に草彅剛さんはジャニーズ事務所を退所。新事務所に所属するとともに、YouTuberとしての活動も始めます。現在の草彅剛さんのYouTubeチャンネル「ユーチューバー 草彅チャンネル」は、登録者数が109万人の人気チャンネルとなりました。

大河ドラマ「青天を衝け」とは?

草彅剛さんが出演する大河ドラマ「青天を衝け」について紹介をしましょう。「青天を衝け」の主人公は、新1万円札の肖像に決定した渋沢栄一で、注目の若手俳優・吉沢亮さんが主演しています。渋沢栄一は「日本の資本主義の父」とも賞される人物です。吉沢亮さんは、大河ドラマの主役を演じる俳優としては、初めての平成生まれということでも注目を集めました。

前作の大河ドラマ「麒麟がくる」が新型コロナウイルスの影響で2月に放送が修了した影響を受け、「青天を衝け」は大河ドラマ史上初の2月放送開始となりました。

「青天を衝け」には草彅剛さんを始め、高良健吾さんや満島真之介さん、岡田健史さん、玉木宏さんなど、話題の俳優が数多く出演します。また、朝の連続テレビ小説「あさが来た」に出演したディーン・フジオカさんが同じ五代才助役で出演することも発表され、話題となっています。

草彅剛さんが演じる徳川慶喜とは?

草彅剛さんが演じる徳川慶喜がどのような役なのかについても見ていきましょう。徳川慶喜はどのような人物だったのでしょうか?また、草彅剛さんの徳川慶喜役のエピソードについても調べてみました。

草彅剛さんが演じる徳川慶喜(とくがわよしのぶ)は、265年続いた江戸幕府の最後の将軍として知られています。水戸藩第9代藩主・徳川斉昭の7男として生まれ、幼少期からその才知に注目が集まっていたとのこと。そのため、7男でありながら長男の控えとして養子にも出され中田のだそうです。

徳川慶喜は第12代将軍・徳川家慶の意向を受け、一橋家を相続。次期将軍として注目を集めていましたが、徳川慶喜自身は将軍職には「骨が折れる」とあまり乗り気ではなかったという話もあるようです。徳川慶喜は将軍職就任を何度も拒み続けたそうですが、1866年にようやく将軍職に就くことになりました。

ただ、幕末の動乱期であったため、徳川慶喜はほどなく大政奉還を行い、将軍職を辞しています。その後は謹慎などの期間を経て貴族院議員就任としても活動していたようです。

吉沢亮さん演じる渋沢栄一は、大政奉還前に徳川慶喜に仕えることになります。その後、徳川慶喜が謹慎中などには、渋沢栄一は面会を許される数少ない人物となりますので、今後、草彅剛さんと吉沢亮さんの共演シーンは増えていくものと見られています。

草彅剛さんと徳川慶喜が似てるという声も

草彅剛さんと徳川慶喜は、顔や雰囲気が似てるとネット上で噂になっているようです。2人が並んだ画像を確認すると、確かに顔や雰囲気が似てるかもしれません。ネット上では特に目が似てると話題になっているようです。

草彅剛さんの徳川慶喜は、声や所作までが武家というよりも公家のようで上品だという評判もありました。実際の徳川慶喜も、武士というよりはどちらかというと公家のような雰囲気があったようです。

草彅剛さんと堤真一さんの共演も話題

草彅剛さんが演じる徳川慶喜の側近を演じるのが、堤真一さんです。草彅剛さんと堤真一さんは、2005年にフジテレビ系列で放送されていたドラマ「恋におちたら〜僕の成功の秘密」で共演されたことがあるのだとか。そのため、2人が目を合わせるシーンでは、思わず笑ってしまったということもあったようです。

堤真一さんは、徳川慶喜の小姓として臣下になった平岡円四郎を演じています。平岡円四郎は徳川慶喜を崇拝しており、主君を将軍にするために奔走します。渋沢栄一と徳川慶喜を繋いだのも平岡円四郎とされており、物語の重要な役柄でもあるとのこと。

「青天を衝け」では、徳川慶喜の小姓として仕えることになった当時のエピソードが紹介され、2人の息のあった演技に称賛の声があがっていたようです。

草彅剛さんの徳川慶喜役の評判

草彅剛さんの徳川慶喜役の評判についても見ていきましょう。大河ドラマ「青天を衝け」での草彅剛さんの徳川慶喜役はどのような評判なのでしょうか?

時代劇は所作を覚えるのがとても大変だと言われています。草彅剛さんが演じる徳川慶喜は、所作がとても美しいと評判です。また、草彅剛さんの柔らかな表情も、徳川慶喜の内面を的確に表現しているという声もありました。草彅剛さんの徳川慶喜役の演技を見て「徳川慶喜が好きになった」という人も少なくないようです。

草彅剛さんが徳川慶喜役に抜擢された時、現代劇が多かったこれまでのイメージからあまりピンと来ないと感じた人も多かったようです。ただ、実際にドラマで徳川慶喜を演じる草彅剛さんを見て「ハマり役」、「徳川慶喜以外に見えない」などと絶賛する声が相次いでいます。

草彅剛さんの徳川慶喜役は当たり役と評判!

草彅剛さんが大河ドラマ「青天を衝け」で演じる徳川慶喜について紹介してきました。大河ドラマが始まった当初から注目されていたキャスティングですが、現在は草彅剛さんの徳川慶喜役が「ハマり役。「当たり役」と評判になっているようです。草彅剛さんの大河ドラマ「青天を衝け」での徳川慶喜役に今後も注目していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA