成宮寛貴(平宮博重)さんの絵が話題!成宮寛貴さんの絵は上手い?絵のグッズ販売についても調査!

スポンサーリンク

成宮寛貴(平宮博重)さんのプロフィール

・ニックネーム:なり、なりくん
・本名:平宮博重(なりみやひろしげ)
・生年月日:1982年9月14日
・年齢:38歳(2021年2月調査時点)
・出身地:東京都
・血液型:A型
・身長:172cm
・体重:不明
・活動内容:元俳優、実業家、アーティスト
・事務所:フリー
・家族構成:弟

成宮寛貴(平宮博重)さんの経歴

成宮寛貴さんは2000年に宮本亜門さんの舞台「滅びかけた人類、その愛の本質とは…」で俳優としてデビュー。また、2001年には映画「溺れる魚」でスクリーンデビューも果たしました。2005年にはエランドール新人賞も受賞。

2010年には「ヤンキー君とメガネちゃん」で地上波の連続テレビドラマ単独初主演を飾った成宮寛貴さんは、2012年に人気刑事ドラマ「相棒」の3代目相棒である甲斐享役に抜擢されました。俳優としてのさらなる活躍も期待された成宮寛貴さんですが、2016年に芸能界を引退しています。

成宮寛貴(平宮博重)さんの現在は?

芸能界を引退した成宮寛貴さんは、2019年に本名である「平宮博重」としてインスタグラムを開設。さらに公式サイト「Hiroshige Narimiya」もオープンしました。このサイトでは、成宮寛貴さんがデザインしたオリジナルのグッズを購入することができます。

また、2020年には水嶋ヒロさんのインスタライブを視聴していた成宮寛貴さんが、急遽そのライブにコラボ出演するということもありました。

成宮寛貴さんの現在の姿は、以前に比べると少しワイルドになったという評判があるようです。成宮寛貴さんの現在の姿については、公式Twitterインスタグラムなどで確認することができます。

成宮寛貴(平宮博重)さんの絵が話題!

成宮寛貴さんの絵が話題となっているようです。芸能界で活躍していた頃には絵の趣味があるという話はなかったので、現在の成宮寛貴さんのアーティスティックな活躍に、多くの人が驚いているようです。成宮寛貴さんが描いた絵について見ていきましょう。

成宮寛貴さんが初めて描いたという絵は、上記の薔薇の絵なのだそうです。この薔薇の絵はインスタグラムで公開され、「色彩が素晴らしい」、「あったかい雰囲気のある絵」など絶賛するコメントが相次いでいました。

上記も成宮寛貴さんが描かれた猫の絵とのこと。独特のタッチで描かれた二匹のオッドアイの猫が神秘的だと評判になりました。この他にも、成宮寛貴さんのインスタグラムでは多数の絵が紹介されています。

成宮寛貴(平宮博重)さんの絵のグッズが買える?

成宮寛貴さんの絵は、インスタグラムで公開した当初から「買いたい」、「グッズにして欲しい」などの声があったようです。こうした声に応えるように、現在は公式サイトで成宮寛貴さんの絵のグッズを購入することができるようです。

上記は、先ほど紹介した成宮寛貴さんが初めて描いた薔薇の絵のマグカップです。薔薇の絵は内側に転写されており、とてもオシャレと評判なのだとか。このマグカップは5380円(税込み・送料別)だそうで、現在も購入することができます。

上記は成宮寛貴さんが描いた猫の絵のエコバックとのこと。こちらのエコバッグはカラビナ付き送料無料で2780円だそうです。猫の絵のグッズについてはレプリカの絵なども販売されていましたが、現在はソールドアウトになっています。

この他にも、成宮寛貴さんの公式サイトでは、成宮寛貴さんがデザインしたアクセサリーやTシャツなどを購入することができます。人気の商品はすぐにソールドアウトになってしまうようですので、早めにチェックするのがおすすめです。

成宮寛貴さんは2021年2月に原宿のセレクトショップ「FALINETOKYO」で期間限定でグッズを販売していたようです。「FALINETOKYO」の閉店が決まったことから、この店に思い入れのある成宮寛貴さんが企画して実現したイベントだったとのこと。コロナ禍ということもあり、人数制限などもして行われたそうです。

このイベントでは、限定のグッズも販売され、ファンたちにも好評だったとのこと。成宮寛貴さん自身もお店に登場することがあり、ファンとのふれあいを楽しんだようです。今後もこうしたイベント的な形で、成宮寛貴さんがファンの前に登場することがあるかもしれません。

成宮寛貴(平宮博重)さんの絵は個性的で人気!

成宮寛貴さんの絵について紹介してきました。成宮寛貴さんは現在、本名の平宮博重としてインスタグラムなどに自作の絵を発表。現在はこれらの絵を商品化したグッズも公式サイトで販売されています。成宮寛貴さんは絵を描くだけではなく、さまざまなグッズなどのデザインも手がけているとのこと。今後の成宮寛貴さんのアーティスティックな活躍に注目していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA