市村正親さんの若い頃が話題!市村正親さんの若い頃が美人すぎる?若い頃のエピソードも紹介!

市村正親さんのプロフィール

・ニックネーム:不明
・本名:市村正親(いちむらまさちか)
・生年月日:1949年1月28日
・年齢:72歳(2021年2月調査時点)
・出身地:埼玉県川越市
・血液型:A型
・身長:170cm
・体重:不明
・活動内容:ミュージカル俳優
・事務所:ホリプロ
・家族構成:妻(篠原涼子)、長男、次男、元妻(八重沢真美)

市村正親さんの経歴

市村正親さんは高校を卒業後、舞台芸術学院に進学し、演劇を学んでいたのだそうです。その時に講師から紹介され、舞台芸術学院卒業後は西村晃さんの付き人を3年つとめたのだそうです。

1973年に市村正親さんは劇団四季に入団。1976年に上演された「エクウス」での全裸での演技が話題となり、その後はさまざまな作品で主要キャラを演じます。中でも、市村正親さんの当たり役と言われたのが、「オペラ座の怪人」のファントム役でした。

劇団四季の看板俳優となった市村正親さんですが、1990年に退団。その後はミュージカルを始め、テレビドラマへの出演やナレーションなど、俳優として幅広い活躍をすることになりました。

市村正親さんの若い頃は美人?

市村正親さんの若い頃は美人だったという噂について検証してみましょう。実際に若い頃の市村正親さんの画像を集めてみました。市村正親さんの若い頃は本当に美人なのでしょうか?

上記画像は市村正親さんが17歳の頃の時の写真だそうです。画像を確認すると、男らしいというよりは、少し中性的な顔をしているようにも見えます。また、この頃の市村正親さんは、現在の山崎賢人さんに似たイケメンだという意見もありました。

こちらはテレビ番組で紹介された市村正親さんの若い頃の画像です。ただ、いつ頃のものなのかは分かりませんでした。ぱっと見た感じでは、市村正親さんは男性というよりは美人な女性のようにも見えます。メイクをしている影響もあるのかもしれません。ただ、よく見ると、現在の市村正親さんの面影も少しあるように感じられます。

こちらは市村正親さんの若い頃のメガネ画像です。メガネをかけていても、かなりの美人であることが確認できるでしょう。

こちらも先ほどと同じメガネ姿の若い頃の市村正親さんです。鼻の形などは現在の市村正親さんを思い起こさせるものがありますが、アイドルとして活躍していてもおかしくないルックスをしていると言えるでしょう。

こちらは現在の面影も少し感じられる市村正親さんの若い頃の画像です。笑ったときの顔は、現在の市村正親さんを彷彿とさせるものがあるでしょう。ただ、やはり男性らしいというよりは、中性的な魅力を持つ美人だと言えそうです。

こちらは市村正親さんがNHKの紅白歌合戦に出演した時の動画です。当時の市村正親さんは40歳でしたが、かなりの美男子であることが確認できるでしょう。また、圧倒的な歌唱力に多くの人が驚いていたようです。

市村正親さんの若い頃のエピソード

①付き人時代のエピソード

市村正親さんの若い頃のエピソードについても見ていきましょう。先ほども少し紹介しましたが、市村正親さんは若い頃、俳優の西村晃さんの付き人を3年間つとめていました。この経験を経て、市村正親さんは「自分より誰かを優先する」ということを覚えたのだとか。付き人を卒業して劇団四季のオーディションを受けることを告げると、西村晃さんは応援してくれたそうです。

②劇団四季入団当初のエピソード

市村正親さんが劇団四季時代に演じた「エクウス」のアランは、舞台上で全裸になる場面が注目を集めました。この舞台では、浅利慶太さんがつきっきりで稽古をつけてくれたのだとか。あるときには、市村正親さんと相手役の女優をサイパン島に連れて行き、「裸で泳いでくるように」と指示を出されたそうです。市村正親さんは「羞恥心をとるためなのだな」と感じたそうです。

③劇団四季退団の理由

市村正親さんが劇団四季を退団したのは、「50になって肩たたきにあうぐらいなら、この10年魂を入れて頑張ってみよう」と考えたからなのだそうです。市村正親さんが劇団四季を退団したのは40歳の時のことでした。

市村正親さんの若い頃は美人だった!

市村正親さんの若い頃について紹介してきました。市村正親さんは、現在は貫禄のあるミュージカル俳優というイメージですが、若い頃は女性にも間違えられてしまいそうなほどの美人だったことが分かりました。現在は72歳となられた市村正親さんですが、現役のミュージカル俳優として活躍中です。今後の市村正親さんにも注目していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA