坂田利夫さんの現在!「アホの坂田」の由来は?結婚は?病気の噂についても調査!坂田利夫さんまとめ!

吉本新喜劇の坂田利夫さんですが、「アホの坂田」として有名です。「アホの坂田」の由来はどのようなものなのでしょうか?また、独身貴族として知られる坂田利夫さんは現在は結婚しているのでしょうか?坂田利夫さんの経歴とともに病気の噂なども含めて詳しく調査しました!

坂田利夫さんのプロフィール

坂田利夫さんはワイヤーロープを製造する実家に生まれ、高校を卒業後は職を転々としていたそうです。1961年に坂田利夫さんは吉本新喜劇の研究生として新喜劇に入団します。坂田利夫さんがお笑い芸人になろうと考えたのは、「番頭はんと丁稚どん」などで有名なコメディアン大村崑さんのファンだったからなのだそうです。1967年には漫才コンビ「コメディNo.1」を結成し、漫才師としても活躍しました。

1970年には前田邦弘さんと結成した「コメディNo.1」で 第5回上方漫才大賞(ラジオ大阪) 新人賞を受賞します。さらに翌年の1971年には「第1回 NHK上方漫才コンテスト」の最優秀話術賞受賞、1972年には上方お笑い大賞の金賞受賞など、数々のお笑いの賞に輝きました。坂田利夫さんはお笑いの才能もあるのでしょうが、天然な部分も多分にあるようで、妹の結婚式の際には「ふつつかな妹ですが」と言おうとして「ふしだらな妹ですが」と言ってしまったというエピソードもあるそうです。

「アホの坂田」の由来とは?

坂田利夫さんといえば、「アホの坂田」として有名ですが、この「アホの坂田」の由来について調べてみました。これは相方の前田さんが「お前はアホか」と突っ込んだときに「そうやアホや」と答えた時にどっと受けたのだそうです。そこで坂田利夫さんは「これや!」と思い、「アホ」を売りにすることにしたのだとか。吉本興業も「一番アホそうやから」という理由でアホキャラで売り出そうと考えていたことも合わさって、「アホの坂田」というキャラが定着したのだそうです。

こちらはコメディNo.1が発売した「アホの坂田」というレコードの音源になります。この「アホの坂田」は分かりやすい歌詞と口ずさみやすいメロディで大ヒットしたそうなのですが、大阪府教育委員会から「サカタ姓の小中学生がからかわれたり、いじめに遭っている」と指摘があったのだとか。このため、ラジオ局が曲の放送を見合わせたり、レコード店が販売を自粛するなどの騒動になってしまったそうです。坂田利夫さんはアホが嫌になったこともあるそうですが、藤山寛美さんから「アホは心の優しい者しかできんのやで」と諭され、アホを貫こうと考えたのだそうです。

坂田利夫さんの代表的ギャグ

坂田利夫さんの代表的な逆についても紹介していきましょう。坂田利夫さんは実はその存在自体がギャグだというエピソードも数多く存在するそうですが、「ギャグ」という形のものもいくつか存在します。坂田利夫さんの代表的なギャグには「あ、よいとせのこらせのよいとせのこらせ」や「あ~りが~とさ~ん」などがあります。この「あ~りが~とさ~ん」は山本正さんから5000円で買い取ったギャグだと言われています。

他にも坂田利夫さんのギャグには、その行動がギャグになっているものもあり、手足をくねらせながらの独特の横歩きや「アホアホミサイル発射!アホアホアホアホ」と言いながら手首を交互に突き出すというものもあります。他にも「いえす、あいどぅー」や「サンキュー、便所マッチ」、「 ジョンジョロリ~ン、ジョンジョロリ~ン、ジョンジョロリンの、ぱっぱ 」などがあります。

坂田利夫さんの現在は独身?

坂田利夫さんといえば、独身キャラで有名ですが、現在も独身なのでしょうか?調べてみたところ、2019年5月現在、坂田利夫さんはまだ独身のようです。実は坂田利夫さんは77歳となった現在も女性経験がないということを間寛平さんに暴露されたこともあるのだそうです。また、ナインティナインの岡村隆史さんを、同じ独身で女性の扱いが苦手という共通点があることからとても可愛がっているという情報もあるようです。ちなみに坂田利夫さんは岡村隆史さんが部長をつとめる独身芸人の集まり「アローン会」の名誉会長もつとめています。

坂田利夫さんは女性が苦手という理由もあって結婚していないとも言われていますが、他にも子供が出来た時に「アホの子」と指を差されるのが心配という理由があるとも言われています。坂田利夫さん自身は結婚について「「結婚出来ないのではなく、結婚しない」とも言っているのだとか。どこまでが本当の気持ちなのかは分かりませんが、現在の坂田利夫さんはそれほど結婚願望があるように見えないという情報もあるようです。

坂田利夫さんに病気の噂も

2019年5月現在で御年77歳の坂田利夫さんですが、実は病気で入院したという噂もあるそうです。坂田利夫さんはどのような病気で入院したのでしょうか?調べてみたところ、坂田利夫さんが入院したのは病気ではなく怪我だったようです。坂田利夫さんは2015年5月に自宅で転倒し、大腿骨を骨折してしまったようです。高齢の方が転倒して大腿骨を骨折するというのはよくあることで、その際には手術となることも多いようです。坂田利夫さんも人生初の入院をし、さらには人生初の手術も受けました。

坂田利夫さんは人生初の入院中も暗い雰囲気はなく、看護師さんを相手に婚活に励んでいるとスポーツ紙には書かれていたようです。坂田利夫さんはさまざまな芸人に慕われているということもあり、連日西川きよしさんやハイヒールのモモコさんやリンゴさんがお見舞いに訪れていたのだとか。お見舞いに訪れた人によると、坂田利夫さんは「べっぴんさんだらけやで」と入院中とは思えないほどに嬉しそうな様子だったということです。現在、坂田利夫さんはすでに退院し、リハビリも終えて通常の生活ができるまでに回復しているそうです。

現在の坂田利夫さんは!?

お笑い芸人として知られている坂田利夫さんですが、現在は俳優としても活躍しているのだそうです。坂田利夫さんは2015年、安藤サクラさんが主演し、安藤桃子さんが監督をつとめた映画「0.5ミリ」に出演されました。この「0.5ミリ」は非常に高い評価を得た作品で、坂田利夫さんはヒロインのサワが出会う茂役として出演していました。この作品での演技が評価され、坂田利夫さんは第10回おおさかシネマフェスティバルで助演男優賞を受賞しています。

坂田利夫さんは2018年に公開された映画「嘘八百」にも出演されていました。この作品は中井貴一さんと佐々木蔵之介さんのW主演で話題になりました。坂田利夫さんはよっちゃん役として出演していましたが、かなりアドリブが多かったようで、そのアドリブに中井貴一さんと佐々木蔵之介さんが必死に合わせていたというエピソードもあるそうです。ただ、このアドリブは監督から絶賛されていたのだとか。「嘘八百」は続編の制作が決定していますが、坂田利夫さんも出演されるそうです。

坂田利夫さんは現在も独身でアホ道を貫いている!

吉本新喜劇のお笑い芸人・坂田利夫さんについて紹介してきました。坂田利夫さんは「アホの坂田」の愛称で親しまれていますが、現在も「アホ道」を貫き続けているのだとか。近年は俳優としての才能も発揮しているという坂田利夫さんですが、今後公開予定の映画への出演も決まっています。77歳を超えてますます活躍の場を広げる坂田利夫さんの情報にこれからも注目していきましょう!