宮沢氷魚さんがイケメンと話題。宮沢氷魚さんは宮沢和史さんの息子?透明感と目が魅力?宮沢氷魚さんの経歴や生い立ちを紹介!

イケメン俳優として注目を集める宮沢氷魚さんは、ロックバンドTHE BOOMの宮沢和史さんの息子なのだそうです。宮沢氷魚さんの生い立ちはどのようなものなのでしょうか?また、これまでの経歴はどのようなものなのでしょう?宮沢氷魚さんの経歴や生い立ちなどについて紹介します。

宮沢氷魚さんのプロフィール

・愛称:氷魚くん
・本名:宮沢氷魚(みやざわひお)
・生年月日:1994年4月24日
・年齢:26歳(2020年12月調査時点)
・出身地:アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ
・血液型:不明
・身長:184cm
・体重:非公開
・活動内容:俳優、モデル、タレント
・所属グループ:なし
・事務所:レプロエンタテインメント
・家族構成:父(宮沢和史)、母(光岡ディオン)

宮沢氷魚さんの経歴

宮沢氷魚さんは父がTHE BOOMの宮沢和史さんであることが知られていますが、芸能界に入ろうと考えたのも、父がきっかけだったそうです。宮沢和史さんは父のライブを見て芸能界で仕事をすることを考え、アメリカの大学在学中に現在の事務所に履歴書を送りました。

その後、宮沢氷魚さんは「MEN’S NON-NO」のオーディションに合格し、同雑誌の専属モデルとして活躍します。モデルとして芸能界デビューした宮沢氷魚さんですが、当初から俳優を目指していたとのこと。そんな宮沢氷魚さんの俳優デビューは207年のことでした。

宮沢氷魚さんは2017年に人気ドラマ「コウノドリ」で赤西吾郎としてレギュラー出演。この作品が俳優デビュー作品となりました。その後、2018年に放送された「R134/湘南の約束」でドラマ初主演、2020年1月に公開された映画「his」で映画初主演を傍増した。

また、2020年にはNHKの朝ドラ「エール」に霧島アキラ役として出演し、宮沢氷魚さんは幅広い世代の人に知られることになりました。2021年に公開予定の映画「騙し絵の牙」にも矢代聖役として出演が決定しています。

宮沢氷魚さんの父・宮沢和史さんとは?

宮沢氷魚さんの父である宮沢和史さんのプロフィールについても少し紹介しましょう。宮沢和史さんは1966年1月18日生まれで現在の年齢は54歳、山梨県甲府市の出身です。

宮沢和史さんは1986年にTHE BOOMを結成し、1989年にシングル「君はTVっ子」でメジャーデビュー。「星野ラブレター」や「風になりたい」、「島唄」などのヒット曲をリリースしました。宮沢和史さんは、THE BOOMのほぼすべての曲の作詞作曲を担当しています。

THE BOOMは2014年に開催された武道館ライブを持って解散。その後の宮沢和史さんはソロミュージシャンとして活躍する一方、KinKi KidsやV6、中島美嘉さん、小泉今日子さんなどへの楽曲提供も行っています。

宮沢氷魚さんの生い立ち

宮沢氷魚さんの生い立ちについても見ていきましょう。宮沢氷魚さんの父は先ほど紹介した宮沢和史さんですが、母はタレントやパーソナリティーとして活躍する光岡ディオンさんです。光岡ディオンさんは日本人とアメリカ人のハーフとのことですので、宮沢氷魚さんはクオーターということになります。

宮沢氷魚さんは日本ではなく、アメリカのサンフランシスコ州・ロサンゼルスで生まれ、その後は東京で育ったそうです。ただ、幼稚園から高校まではインターナショナルスクールに通っていたとのこと。こうした生い立ちのため、宮沢氷魚さんは流ちょうな英語を話すことでも知られています。

高校を卒業後の宮沢氷魚さんは、カリフォルニア大学サンタクルーズ校に入学。その後、芸能活動をするために帰国。国際基督教大学に編入し、2017年に卒業しています。

宮沢氷魚さんには弟と妹がいるそうで、弟の名前は海実、妹の名前は琉歌というのだそうです。子供たちの名前は父の宮沢和史さんがつけたそうで、氷魚という名前は鮎の稚魚である「氷魚」からつけたとのこと。

宮沢氷魚さんにとって父の宮沢和史さんは芸能界を目指すきっかけなった人でもあります。父のライブを見た宮沢氷魚さんは、1人で大勢の人を感動させていることに感激し、自分もそのようになりたいと考えたのだとか。ただ、当初は宮沢和史さんの息子であることは伏せ、自分の実力で芸能界デビューまでの道のりを開いていったそうです。

宮沢氷魚さんの目が話題?

ネットなどの情報を見てみると、宮沢氷魚さんの目が話題となっているようです。宮沢氷魚さんのプロフィールには目の色についても紹介があります。宮沢氷魚さんの目の色は茶色なのだそうです。宮沢氷魚さんの目の色について、実際に画像で見ていきましょう。

宮沢氷魚さんの目の色は、色素が薄目の茶色です。これは、母が日本人とアメリカ人のハーフであるということも関係しているのかもしれませんが、実は父の宮沢和史さんの目の色と同じなのだとか。宮沢和史さんは、ご両親共に日本人でハーフではありませんが、独特の目の色をしていることで知られています。

宮沢氷魚さんの目の色は、光の加減によって色が異なって見えることもあるようです。多くの人が宮沢氷魚さんの目の色に注目しているということからも、独特の色であることは間違いないのでしょう。

ネット上のコメントなどを見ていると、「宮沢氷魚さんの目の色が羨ましい」という意見も少なくないようです。現在はカラコンを使用すれば、宮沢氷魚さんのような目の色になることも可能ですが、やはり裸眼でこの色というのが魅力なのかもしれません。

「宮沢氷魚さんの目の色を見て、宮沢和史さんを思い出した」という人も少なくないようです。さらに、2人が親子であることを知って驚くと共に納得したという声もありました。宮沢氷魚さんの目の色は、クォーターであるということよりも、父である宮沢和史さんの影響のほうが大きいのかもしれません。

宮沢氷魚さんは今話題のイケメン俳優!

朝ドラ「エール」などに出演するイケメン俳優・宮沢氷魚さんの経歴や生い立ちについて紹介してきました。宮沢氷魚さんはTHE BOOMの宮沢和史さんと父に持ち、タレントの光岡ディオンさんを母に持つクオーターです。独特の目の色が父の宮沢和史さんとそっくりだと話題になっていました。今後も活躍が期待される俳優・宮沢氷魚さんに注目していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA