大河ドラマ「麒麟がくる」で明智光秀の妻役の木村文乃さんが話題!木村文乃さんが演じる煕子役の評判などを調査!

大河ドラマ「麒麟がくる」で木村文乃さんが演じている煕子が話題となっているようです。煕子とはどのような役なのでしょうか?また、木村文乃さんの煕子役の評判はどうなのでしょう?大河ドラマ「麒麟がくる」で煕子役を演じる木村文乃さんについて紹介します。

木村文乃さんのプロフィール

・愛称:不明
・本名:木村文乃(きむらふみの)
・生年月日:1987年10月19日
・年齢:23歳(2020年4月調査時点)
・出身地:東京都
・血液型:AB型
・身長:164cm
・体重:???
・活動内容:女優
・所属グループ:なし
・事務所:トライストーン・エンターテインメント
・家族構成:現在は独身

木村文乃さんの経歴

木村文乃さんは2004年映画「アダン」のヒロインオーディションに合格し、ヒロインに抜擢されたことで芸能界デビューします。2006年には映画「風のダドゥ」で初主演を果たした木村文乃さんは、この年に放送された大河ドラマ「功名が辻」で大河ドラマ初出演を果たします。木村文乃さんが「功名が辻」で演じていたのは奥宮弥兵衛の娘の役でした。

その後の木村文乃さんは女優として着実に実績を積み上げていき、NHKの連続テレビ小説「だんだん」では、ヒロインの三倉佳奈さんが演じる舞妓のライバル・涼乃を演じて注目を集めました。木村文乃さんは2012年に放送された「梅ちゃん先生」でも、ヒロインである梅子の兄の嫁・野島静子を好演しました。

木村文乃さんは主演することは少ない女優ですが、脇を固める女優として印象的な演技をすることで知られています。2018年にはドラマ「99.9 -刑事専門弁護士- SEASON II」での演技が評価され、第96回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞を受賞しています。

木村文乃さんが出演する「麒麟がくる」とは?

大河ドラマ「麒麟がくる」は、本能寺の変でお馴染みの戦国武将・明智光秀の生涯を描いた作品です。「麒麟がくる」は室町時代の末期から戦国時代のもっとも群雄割拠が盛んだった頃が描かれており、歴史でも有名な武将が数多く登場します。

たとえば、斎藤道三などは、戦国時代のかなり初期に亡くなってしまうため、物語の主人公が豊臣秀吉などの場合には登場しないまま終わってしまうこともあります。しかし、「麒麟がくる」は明智光秀が主人公ですので、彼の若い頃と関わりの深かった斎藤道三も序盤の主要人物として登場しています。

また、明智光秀が関わることでスポットの当たるマイナー戦国武将も数多くあり、「麒麟がくる」は歴史ファンにとっては堪らない作品となっているようです。

木村文乃さんが演じるのは明智光秀の妻・煕子

木村文乃さんが演じるのは、明智光秀の正妻であったとされる煕子です。明智光秀はとんとん拍子に出世した武将ではなく、織田信長の家臣として活躍するまでには、さまざまな紆余曲折がありました。そんな明智光秀を献身的に支え続けたのが煕子だと言われています。

煕子については謎が多い部分もあるようですが、いくつかの逸話が伝わっています。明智光秀との結婚前に煕子は疱瘡に罹ってしまい、顔にその跡が残っていたにも関わらず、妻として迎えたというものや、明智光秀が困窮していたとき、煕子は自分の髪を売って金に換えたなどの逸話が有名です。

煕子の子供については諸説ありますが、一般的には細川ガラシャの母として知られています。細川ガラシャは細川忠興の正室として知られ、絶世の美女であったとも言われています。このため、母である煕子も美女だったのではないかという説もあるようです。

細川ガラシャは父である明智光秀が本能寺の変を起こした後、しばらく幽閉されていたといわれています。さらに関ヶ原の合戦の際には、石田三成側に人質として捕らわれそうになった時、キリスト教では自殺が禁じられているため、家老に命じて槍で胸を突き刺されるという形で亡くなったとされているようです。

木村文乃さんの煕子役の評判は?

木村文乃さんの煕子役の評判についても見ていきましょう。ネット上の評判を見ると、木村文乃さんの煕子役役はかなり評判が良いです。その中でも特に多いのが「可愛い」というものでした。そして、史実でも夫婦仲が良かったという明智光秀と煕子のように、木村文乃さんと光秀を演じる長谷川博己さんの息もぴったりだと言われています。

実は木村文乃さんは、2013年に放送されたドラマ「雲の階段」で長谷川博己さんと夫婦役を演じたことがあったのだそうです。木村文乃さんは長谷川博己さんが演じる明智光秀について「チャーミング」と表現するなど、その距離の近さもうかがえます。

長谷川博己さんも、自分が出演していないシーンでも木村文乃さんの撮影を確認しているようで、撮影が終わった後には木村文乃さんに「煕子っぽかった」などと感想を告げたりしているそうです。

SNSでの木村文乃さんの煕子の評判について調べてみると、「可愛い」という感想の他に「不思議ちゃん」という評価もあるのだとか。まだ登場したばかりの煕子ですが、人によってさまざまな感じ方があるようです。また、史実に描かれている煕子の逸話などは、現在のところは採用されていないようで、今後に注目です。

木村文乃さんの煕子役は可愛すぎると評判!

木村文乃さんの「麒麟がくる」の煕子役について紹介してきました。煕子は「麒麟がくる」の主人公である明智光秀の正妻という重要な役割ですが、現在のところ、木村文乃さんの煕子はイメージ通りという意見が多いようです。また、ビジュアルも「可愛い」と評判になっているようで、木村文乃さんの煕子の登場を心待ちにしているファンも多いようです。今後の木村文乃さんの煕子にも注目していきましょう!

■「麒麟がくる」に関する他の記事はこちら

大河ドラマ「麒麟がくる」で染谷翔太さんの織田信長が話題!今までにない信長?染谷翔太さんの織田信長役まとめ!

大河ドラマ「麒麟がくる」の門脇麦さんがかわいい!門脇麦さんが演じる役は?もう1人の主人公?「麒麟がくる」門脇麦さんまとめ!

大河ドラマ「麒麟がくる」でもっくんが斎藤道三を怪演?毒茶でCM降板騒動?本木雅弘さんの斎藤道三役まとめ!

大河ドラマ「麒麟がくる」川口春奈さんの帰蝶が評判!帰蝶はどんな役?川口春奈さんの帰蝶役まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA