レキシの池ちゃんが再婚!?レキシの結婚と離婚について調査!

レキシの池田貴史さんが再婚したという噂があるそうです。そもそも池田貴史さんは結婚して離婚もしていたのでしょうか?また、この再婚は何度目の再婚なのでしょう?池田貴史さんの結婚と離婚、再婚について調べてみました。

レキシ池田貴史さんのプロフィール

・愛称:池ちゃん
・本名:池田貴史
・生年月日:1974年2月15日
・年齢:46歳(2020年3月調査時点)
・出身地:福井県鯖江市
・血液型:???
・身長:???
・体重:???
・活動内容:ミュージシャン、キーボーディスト、俳優
・所属グループ:レキシ
・事務所:Laughin'
・家族構成:不明

レキシとは

池田貴史さんの結婚や離婚について紹介する前に、まずは「レキシ」が何者なのかについて紹介しましょう。レキシは「日本史しばり」の歌詞の曲を発表する池田貴史さんのソロプロジェクトです。

池田貴史さんはかつて、「SUPER BUTTER DOG」や「100s」のメンバーとして活躍していました。池田貴史さんはキーボードを担当していましたが、キーボーディストとしても高い評価を得ています。

かねてより日本史に造詣が深かったという池田貴史さんは、2007年にデビューアルバム「レキシ」をリリースします。すべてが日本史しばりの歌詞という異色のアルバムとなりましたが、音楽業界人などにも高く評価され、レキシはメジャーシーンでの活躍の場を増やしていきました。

レキシのアルバムは「レキシ」と空見してしまうようなものがこれまでに採用されており「レキツ」、「レキミ」、「レシキ」、「Vキシ」、「ムキシ」の合計6枚のアルバムがこれまでにリリースされています。

レキシには業界人のファンが多いと先ほど紹介しましたが、レキシの作品には数多くの有名アーティストが参加しています。たとえば、椎名林檎さん、秦基博さん、松たか子さん、さだまさしさん、木村カエラさん、斉藤和義さんなどです。

また、レキシの作品に参加したアーティストには、日本史にちなんだレキシネームというのが与えられますが、秦基博さんの場合は「旗本ひろし」、斉藤和義さんは「齋藤摩羅衛門」、木村カエラさんは「かえらの清盛」、大泉洋さんは「ちりちり侍(仮)」などとなっています。

かつてはコアなファンで固められていたレキシですが、現在はファン層も幅広くなってきており、2018年には大河ドラマ「西郷どん」のパワープッシュソングを担当し、2020年に公開された映画「クレヨンしんちゃん 激突! ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」では主題歌を担当するなど、幅広い活躍をしているようです。

レキシの池ちゃんは過去に離婚

日本史縛りの曲と抜群のトーク力が有名なレキシの池田貴史さんですが、実はプライベートについてはかなり謎となっているようです。そのため、池田貴史さんはファンの間でも長年独身だと思われていたというエピソードがあります。

ただ、池田貴史さんは2014年に日本武道館で突然「離婚した」と発表し、その時に「結婚していたこと」と「離婚していたこと」が同時に判明したのだそうです。

ほとんどのファンは池田貴史さんが独身だと考えていたので、ネット上などでは「そもそも池ちゃん結婚してたんだ」という意見が多く見られました。

レキシの池ちゃんの再婚の噂とは?

2014年に離婚を発表したレキシの池田貴史さんが、再婚したという情報があるようです。池田貴史さんはいつ再婚したのでしょう?また、再婚した相手については何か判明しているのでしょうか?池田貴史さんの再婚について調べてみました。

レキシの曲が結婚式で人気!

レキシの池田貴史さんが再婚したという情報ですが、調べてみたところ、再婚したという情報を見つけることができませんでした。ただ、池田貴史さんのプライベートは謎に包まれている部分も多いですので、好評はせずに再婚していたという可能性もあるかもしれません。

池田貴史さんの再婚説が流れた理由としては、レキシの曲が結婚式で使用されているということが考えられるようです。

少し変わったこだわりの結婚式をしたいと考えるレキシファンのカップルやレキシを知る人が、結婚式でレキシの曲をチョイスしているのだとか。このため「レキシ」、「結婚」というワードがネット上で検索されるようになり、池田貴史さんの再婚説に繋がったようです。

結婚式で使えるレキシの曲一覧

ここからは結婚式で使用できそうなレキシの曲を紹介していきましょう。他の結婚式とは少し趣の異なる楽曲をチョイスしたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

こちらはレキシが多くの人に知られるようにるきっかけとなった「狩りから稲作へ」という曲です。レキシの2枚目のアルバム「レキツ」に収録されています。

この曲は、縄文時代から弥生時代へと移り変わる頃の日本が描かれたもので、縄文土器と弥生土器をテーマに、狩りから稲作へと変化を遂げる日本の様子が伝わってきます。

曲の中には、「稲作で定住したい」と考え始めるカップルの姿が描かれており、これから結婚して安定した生活を望むカップルにもぴったりの曲かもしれません。

こちらは、レキシのファーストシングル「SHIKIBU」になります。レキシのデビューは2007年でしたが、それまではアルバムで新曲がリリースされていましたので、2015年にリリースされた「 SHIKIBU 」がファーストシングルなのだそうです。

「 SHIKIBU 」は紫式部を描いた曲で、テンポの良さと「しきしきぶんぶん、しきぶんぶん、むらさき」というクセになりそうなサビが特徴です。

「 SHIKIBU 」は紫式部に恋をする男性の心情が描かれたもので、恋い焦がれる思いが伝わってくる微笑ましい歌詞が魅力の曲でもあり、結婚式にも相応しいのではないかと考えられます。

結婚式に相応しいレキシの曲としては、「年貢」もあげられるでしょう。この曲はレキシの4枚目のアルバム「レシキ」に収録されています。

「年貢」が制作された経緯として、「祝言にまつわる曲」をというリクエストに応える形で誕生したのがこの曲だそうです。年貢にまつわるリアルな物語が歌詞の中で展開されますが、この先の結婚生活の現実をかみしめるという意味でも、結婚式におすすめの曲と言えるでしょう。

また、結婚式に「年貢」という現実的な曲を選べば、参加者の好感度が上がる可能性もあるかもしれません。

他にも、結婚式におすすめの曲としては「姫君Shake!」も良いかもしれません。この曲は、お見合いを勧められたお転婆なお姫様を描いたもので、レキシの3枚目のアルバム「レキミ」に収録されています。

「姫君Shake!」は斉藤和義さんとのコラボも話題となった作品で、お転婆なお姫様がお見合いをすっぽかして父のお殿様に叱られると言う様子も描かれています。

そして、お姫様は本当に好きな相手のことを思い浮かべます。そんな甘酸っぱいお姫様の恋心が描かれたこの曲は、まさに結婚式にぴったりの曲とも言えるでしょう。

レキシの池ちゃんに再婚の情報はなく、結婚式で曲が人気!

今話題のバンド「レキシ」の池田貴史さんの再婚について紹介してきました。池田貴史さんはかつて離婚された経験があり、現在は結婚の噂が流れていたようです。ただ、これは池田貴史さんが結婚したという情報ではなく、「レキシ」の曲が結婚式に使用されて話題になっているというものでした。

残念ながら池田貴史さんの再婚についての具体的な情報はありませんでしたが、これを機会にレキシの曲を結婚式に取り入れてみるのもおすすめです。レキシの池田貴史さんの再婚については、今後の情報にも注目していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA