松岡昌宏さんの生い立ち!家庭環境は複雑だった?両親はどんな人?松岡昌宏さんの実家・家族まとめ!

TOKIOの松岡昌宏さんの生い立ちが実は複雑だという噂があるそうです。松岡昌宏さんはどのような生い立ちで育ったのでしょうか?松岡昌宏さんの生い立ちとジャニーズ入りの秘話などについて調査しました。松岡昌宏さんの生い立ちや家族について紹介します。

松岡昌宏さんのプロフィール

現在はTOKIOのメンバーとして活躍する松岡昌宏さんですが、ジャニーズJr.として活動していた頃にはSMAP学園のメンバーとしてSMAPのバックダンサーをしていたこともあったそうです。1990年にはTBS系のドラマ「愛してるよ!先生」で俳優としてのデビューを果たします。TOKIOが結成されて「LOVE YOU ONLY」でCDデビューしたのは、俳優デビューから4年後の1994年のことだったそうです。

松岡昌宏さんは大のサウナ好きで知られていますが、実は一度サウナで倒れてしまったことがあるのだとか。その時、吉川晃司さんが偶然その場に居合わせたようで、吉川晃司さんに介抱されたというエピソードがあるのだそうです。最近の松岡昌宏さんはTOKIOとしての活動や俳優としての活動の他に、ドラマの演出などの仕事にも携わっているそうです。

松岡昌宏さんの実家・家族は?

松岡昌宏さんの実家の家族についても見ていきましょう。実は松岡昌宏さんの両親は松岡昌宏さんが幼少期に離婚をされているのだそうです。北海道で生まれた松岡昌宏さんですが、小学校の時に横浜に転校します。これは両親の離婚が原因でした。松岡昌宏さんの両親の離婚の原因ですが、父親の浮気だったそうです。父親が寝言で別の女性の名前を呟いたことで浮気が発覚し、その日から家族の雰囲気が一変したのだとか。

松岡昌宏さんはその当時のことをとてもよく覚えているようで、翌日からは朝ご飯のおかずがなくなってしまったのだそうです。ほどなく両親が離婚し、松岡昌宏さんは見知らぬ横浜の地で母親と二人暮らしをすることになりました。働いている母親に変わって、松岡昌宏さんは家事なども積極的にしていたそうです。時には母親と二人分のお弁当を作ることもあったのだとか。両親の離婚原因が浮気だったこともあり、松岡昌宏さん自身は絶対に浮気はしないと心に決めているとも言われています。

松岡昌宏さんの生い立ちとジャニーズ入り秘話!

松岡昌宏さんがジャニーズ事務所に入所したのは中学生の時のことでした。家計を助けたいとの気持ちもあり、自分で出版社に電話をし、どうすればジャニーズ事務所には入れるのかを聞いたのだとか。その時に出版社の人から、ジャニーズ事務所に履歴書を送れば良いと教えてもらい、松岡昌宏さんは履歴書を書いてジャニーズ事務所に応募しました。書類審査に合格し、オーディションを受けに行った松岡昌宏さんですが、当時はツッパリスタイルで眉毛もなかったのを母親の眉墨を使って適当にごまかしていたのだそうです。

オーディション会場にはジャニー喜多川さんが来ていたそうですが、松岡昌宏さんは用務員のおじさんだと思ってぞんざいな態度をとっていたのだとか。面接が始まっても「ユー」と呼ぶジャニー喜多川さんに対して「ユーはやめてください」と言うなど、とても合格するとは思えないような受け答えをしていたそうです。面接の時にジャニー喜多川さんから「その眉毛はまた生えてくる?」と聞かれ、「生えてくる」と答えた松岡昌宏さんは、見事にオーディションに合格したそうです。

松岡昌宏さんとTOKIO

1995年にTOKIOが結成され、そのメンバーの一人として選ばれた松岡昌宏さんですが、TOKIOのメンバーの中ではひときわクールなことでも知られています。しかし、メンバーの山口達也さんが不祥事を起こした際の記者会見では、涙を拭うこともせず、熱い思いを率直に的確に吐露して多くの人の胸を打ちました。こうした松岡昌宏さんの胸の内に秘めた熱い思いは、幼い頃の複雑な生い立ちも関係しているのではないかとも言われています。

山口達也さんの不祥事での会見では、松岡昌宏さんが実質的なリーダーにも見えたという意見も多かったようです。普段はTOKIOの中では長瀬智也さんの次に年齢が若いということもあり、好き勝手にしているようなイメージもありましたが、実はTOKIOの社会的な立ち位置というものをもっとも正確に把握していたのは松岡昌宏さんだったのではないかと芸能記者などは語っていたそうです。普段はクールにも見える松岡昌宏さんですが、TOKIOへの愛が人一倍強かったからこそ、もっとも強く山口達也さんを非難したのかもしれません。

松岡昌宏さんの現在は俳優としても活躍!

現在、TOKIOは冠番組やCMなどでの活躍はしているものの、バンドスタイルのグループでありながら音楽活動は休止しています。そんな中で松岡昌宏さんは俳優としての仕事の幅を広げているようです。2016年から松岡昌宏さんが主演して放送されている「家政婦のミタゾノ」ですが、現在は第3シリーズも放送されるなど、好評となっているようです。2017年にはこの「家政婦のミタゾノ」での演技が評価され、松岡昌宏さんは第6回コンフィデンスアワード・ドラマ賞の主演男優賞を受賞しています。

また、松岡昌宏さんは現代ものばかりではなく、時代劇でも活躍しています。2007年からは必殺仕事人シリーズで経師屋の涼次を演じ、注目を集めました。さらに2017年には「名奉行!遠山の金四郎」でおよそ23年ぶりに遠山の金さんを演じたことでも話題になりました。他にも松岡昌宏さんは「大江戸捜査網2015〜隠密同心、悪を斬る!」で秋草新十郎役で出演するなど、時代劇に多数出演されています。

松岡昌宏さんは複雑な生い立ちを乗り越え活躍!

TOKIOのドラマーでもある松岡昌宏さんの生い立ちについて紹介してきました。松岡昌宏さんはTOKIOの中ではクールな性格だと思われがちですが、実はその生い立ちは複雑で、幼少期には両親が離婚し、母親を助けながら二人分のお弁当を作るなどしていた時期もあったそうです。現在は俳優としてその個性を発揮する松岡昌宏さんですが、今後の活躍にも期待が高まります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA